【ブルーロック】203話ネタバレ・考察!!潔がカイザーに勝利した!!黒名が闇落ちする展開ある?次はフランス戦? - VOD Introduction

【ブルーロック】203話ネタバレ・考察!!潔がカイザーに勝利した!!黒名が闇落ちする展開ある?次はフランス戦?

ブルーロック
スポンサーリンク

今回はブルーロック202話の内容が2023年1月11日に発売されましたので、ブルーロック203話の内容を考察していきます。

全ては潔の計算通り、すごすぎる展開。

今後どうなっていくのか!!

ということでブルーロック203話の内容をネタバレ・考察・感想をまとめていきます。
まずは考察からですね!!

お知らせ

「ブルーロック203話考察」についての内容は漫画本誌の内容を含みます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

ブルーロック203話考察

ブルーロック203話考察①カイザーに勝利した潔

このイングランド戦で潔の目的はイングランドを倒すことではありません。

「カイザーを超えること」を目的にやってました。

この時点でチームスポーツとは一体?という感じですが。

そして新年早々迎えたブルーロック202話で潔はカイザーの読みを完全に超えて勝利することに成功。

しかも最後は、泥船にアシストをしましたからね。

これは次週のカイザーとのやり取りが楽しみですね!!

あと潔の年俸も億行くこと確定ですね。

イングランド戦が終わったので、まだドイツがどこの国と戦うのかは謎のままですが、フランス戦とかも激アツだろうな!!

だってフランスには糸師凛と士道がいますからね。

ブルーロック内No,2の2人がわざわざ同じ国になっているのは楽しみですよね。

ブルーロック203話考察②黒名が闇落ちする展開ある?

イングランド戦で一番怖いのが黒名が闇落ちする展開。

実は潔の相棒として付いていた黒名ですが、イングランド戦ではゴールもアシストもしていません。

それに比べて潔は2アシスト、泥船も1ゴールしていますからね

黒名は潔についていたけど、結果が出せていないんですよ。

だからイングランド戦が終わったあと、相棒をやめてカイザー側に敵対するとか有り得そうで怖い。

ドロ船は多分潔に借りを返すために認めないけど味方にはなりそう

ブルーロック203話考察③次はフランス戦か

ネオエゴイストリーグでドイツチームは今のところ2戦が終わり、全勝しています。

残すところはフランス、イタリアの2チームです。

おさらいしますとフランスには糸師凛、士道の超攻撃アタッカーが所属。

イタリアにもバロウ、二子、アイクなど攻守ともに強い人物がいます。

どちらも潔をライバル視している人物がいますね。

というか潔はターゲットにされる相手が多すぎる。

糸師凛と潔も楽しみですし、バロウと潔の戦いも楽しみですね!!

まじでワクワクがとまらん。
ブルーロック203話は2023年1月11日の週刊少年マガジンにて連載されます

まとめ

今回はブルーロック203話のネタバレ・感想をしていきました。

カイザーが久しぶりに出てきましたが、そのカイザーも簡単に抜いてしまった潔たち

試合のバチバチ感もよいですが、試合後の会話とかが凄い気になりますね。

ブルーロックの熱がどんどん高まってきており、楽しみで仕方がないです!!

スポンサーリンク

ブルーロック200話を読んでいない方はぜひ半額でPayPayとかでも変えるのでぜひ!!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

ブルーロック201話を見る!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました