【ブルーロック】211話ネタバレ・考察感想!!メインバトル勃発!!ゾンビの意味とは? - VOD Introduction

【ブルーロック】211話ネタバレ・考察感想!!メインバトル勃発!!ゾンビの意味とは?

ブルーロック
スポンサーリンク

今回はブルーロック210話の内容が2023年3月15日に発売されましたので、ブルーロック211話の内容を考察していきます。

今後どうなっていくのか!!

ということでブルーロック211話の内容をネタバレ・考察・感想をまとめていきます。

まずは考察からですね!!

お知らせ

「ブルーロック211話考察」についての内容は漫画本誌の内容を含みます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

ブルーロック211話考察

ブルーロック211話考察①メインバトル

イタリア戦のメインバトルになってくるのは「カイザーとロレンツォ」と「潔 vs 馬狼」でしょう。

まずお互いが新世代世界11傑であることから実力は最高峰。

最強のFWと最強のDFがぶつかり合います。

ほこたてです。

カイザーは年俸3億ですが、ロレンツォは年俸何億なんですかね?

億は間違いなく超えていると思いますが。

潔と馬狼は当然のようにデットヒートするでしょう。

因縁の対決ですからね。馬狼にとっては。

しかし潔は超越世界(メタビジョン)を扱えます。

その潔に対してどれほどイレギュラーなことが馬狼にできるか1億の男!気になりますね。

「世界の最強新世代」「ブルーロックの最強新世代」のメインバトルは面白いに決まっている。

ブルーロック211話考察②潔の切り札

忘れているかと思いますが、潔は切り札を持って試合に挑んでいます。

イガグリの100%ファウルを見てから國神の元へ駆け寄り、なんかしていましたよね。

それがイタリア戦で100%見えるでしょう。

潔にとって足りないもの個の力がイタリア戦で、國神を通してどのように改善されていくのか楽しみです。

毎試合覚醒する主人公ずるくねとも思ってしまいますが笑

ブルーロック211話考察③ゾンビ

ブルーロック211話のタイトルは「ゾンビ」です。

ゾンビというタイトルを見た時、ゾンビのような見た目をしているロレンツォにフォーカスが当てられ、ゾンビのような能力があるのかなと最初は思いました。

しかし一話前では「主役喰い(エース・イーター)」というかっこよすぎる異名の元、ロレンツォにフォーカスが当てられます。

だから試合の中で2話ともフォーカスが当てられるとは考えにくい。

となると誰を指すのか私は「雷市陣吾」です。

ゾンビは何度殺しても蘇ってくる。

即ちスタミナお化けである雷市陣吾のことではないでしょうか。

イタリア戦でやっと勝ち取ったスタメン。成長した雷市さんが見えるのではないでしょうか・

ブルーロック211話は3/22日発売の週刊少年マガジンにて連載されます

ブルーロック211話感想

ブルーロック211話を読んだときに思ったことは「イサギの煽りスキルが上がっている!!」です笑

なんかちょうどうざい煽りをしてきますよね。

あとゾンビが示すキャラは雷市だと思っていましたが、ロレンツォの能力でしたね。

まさか二話続けてロレンツォに焦点が当たるのは意外でした。

来週は誰になるのかな?

まとめ

今回はブルーロック211話のネタバレ・考察をしていきました。

「ロレンツォvsカイザー」「馬狼vs潔」の二大マッチアップは楽しみで仕方がないです。

ブルーロック最新話211話を読んでいない方は半額で週刊少年マガジンを買えるのでぜひ!!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

ブルーロック211話を見る!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました