【地獄楽】死亡衝撃ランキングTOP10!!グロい、きつかったシーンなどから主観的にまとめていきます。 - VOD Introduction

【地獄楽】死亡衝撃ランキングTOP10!!グロい、きつかったシーンなどから主観的にまとめていきます。

スポンサーリンク

地獄楽は「少年ジャンプ+」で連載していたウェブコミックです。

今作は最近では少年漫画では珍しくなった時代モノであり、江戸時代後期を舞台にし、死罪人である画眉丸が不老不死の仙薬を求めて異形の面々と死闘を繰り広げる忍法浪漫漫画。

その硬派な内容に瞬く間に人気を博していき、登場人物の敵味方問わずに個性的なキャラクター達に織りなす物語は、多くの読者を魅了させた内容とも言えます。

今回は、そんな敵味方の中で作中において非業の死を遂げてしまった、退場するには早すぎないかと、思わず目を疑い、また復活を期待した、そんなキャラクター達を紹介します。

ランキング形式で10人を選んだ、死んでは欲しくなかったキャラクター達。

復活を望み、また死は偽装と思いたくなる様な、退場するに惜しいキャラ達の魅力をお伝えします。

注意

地獄楽死亡衝撃ランキングは地獄楽の漫画の内容が含まれます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください
また地獄楽の画像を引用させていただいております。問題がありましたら、問い合わせページからご連絡いただければ速やかに消させていただきます。(集英社/賀来ゆうじ様)

スポンサーリンク

地獄楽死亡衝撃ランキング

地獄楽死亡衝撃10位:法流坊(ほうるぼう)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ10位は法流坊(ほうるぼう)です

まず最初に紹介する事になるのは、異様に長く柔らかい蛸のみたいな柔軟な手足をもつ破戒僧である法流坊です。

彼の異名は「殺し念仏」と呼ばれており、多数の殺人に強盗と強姦などを重ねた死罪人であり、破戒僧と己の欲望に忠実過ぎる程のキャラです。

登場した際に本当に人間なのかと思える様な風体にと、人間離れしすぎの身体など、まさに異彩の敵とも言える存在です。

誕生日は11月5日で蠍座生まれと詳細はわかっており、身長に関しては130cmと小柄な人物です。

上陸前においては弔兵衛を襲うなど、逃亡を図るなどの行為を働くも、あっさりと返り討ちに遭ってしまい、その役目をあっさりと終えてしまいます。

異彩の放つキャラとして登場し、どんな活躍をすのかと期待はするも、あっさりと物理に負けてしまう哀れなキャラとして紹介しました。

一応監視役は十禾でしたが、ほとんど会話も無くに終わってしまっています。

また現代で生きているのなら、間違いなく人類では無く、妖怪か物の怪だったとも思われ、また人間扱いされないと、怪物として扱われていたかもしれません。

地獄楽死亡衝撃9位:いがみの慶雲


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ9位はいがみの慶雲です
次に紹介するのはいがみの慶雲と、強キャラ感満載な雰囲気で登場するも、画眉丸によって倒されてしまい、あっけなくに退場してしまったキャラクターです。

彼は武器の収集癖を持つ僧兵崩れの死罪人であり、異名は「百本狩り」と呼ばれており、修行中において武具そのものに魅入られてしまったと、いわゆる武器マニアです。

誕生日は9月16日の乙女座であり、年齢は35歳で身長は210cmとの巨漢です。

乙女座は意外ですね。

氣属性は金でありと、武器に対する属性の強い氣を持ち、修行僧でありながらも戦いに身を置き、やがて自ら出奔してしまいます。

修行中においても武具に対する想いが強くあり、戦いを求めては各地において傍若無人に振る舞うなど、悪逆非道の限りを尽くしていきます。

その為に多くの寺社仏閣などを破壊しては武芸者から武器を強奪するなどの犯罪行為に及ぶなど、まさにかつての武蔵坊弁慶を彷彿させる人物とも言えます。

もし現代ならばプロレスラーか、格闘家に慣れる器かもしれません。

常に顔には面を付けており、巨漢の身体にはあらゆる箇所において活鎧(いきよろい)と呼ばれる特殊な鎧を縫い付けているなど、見た目通りに打たれ強く、またあらゆる攻撃を無効化してしまう強度を誇る強さを持っています。

武芸者を殺して奪い取ったあらゆる武具を使いこなし、またそれで試し斬りなどを行うなど幾百もの武器を使いこなす起用さは、まさに強敵感満載でした。

しかしライバルを減らそうと画策し、最初に画眉丸を狙ってしまい返り討ちに遭って死亡してしまうなど、あっけない最後を迎えてしまいます。

不死身の雰囲気を出すも、画眉丸に対してほとんど手出しをする事も出来ず、まして両手を封じていた彼に負けてしまうなど、拍子抜けの敵となってしまいました。

一応に監視役は期聖となるも、彼もまた死亡してしまいます。

地獄楽死亡衝撃8位:期聖(きしょう)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ8位は期聖(きしょう)です

次に紹介するのは期聖と試一刀流十一位に位置した山田浅ェ門となります。

誕生日は8月13日と、星座は獅子座で年齢は18歳と身長は173cmの高身長。

氣属性は土であり、剣士としての実力に関しては作中では明かされる事は無く、あっけなくに殺されてしまうなど、その実力は不明となっています。

山田浅ェ門・試一刀流十一位であり慶雲の監視役として島に送られるも、与えられた任務に関してはまるでやる気は無く、冷めた言動が目立つなどの怠け者とも見受けられます。

ただ合理的な思考を持つ切れ者としてのしたたかさを持ち、源嗣と同期と中々に優秀な人材でもあります。

積極性に欠けるも、肝の座った男と評される実力者ではありますが、命の危険を伴うお役目に関してはやる気などは端から無く、自分の監視する慶雲の死を幸いとしている人物です。

慶雲が画眉丸に敗北してから、彼の首を斬り落としすなどあっさりとした気質であり、早々に帰路へと着くも、船の上で花化してしまいそのまま命を落としてしまいます。

己の事を第一に考える輩として登場し、その退場はあっけないと、哀れな人物です。

なお現代での役職は中間管理職のお役人か、それとも会計係など、自分の仕事をそつなくに熟すなどの人物になりそうです。

ただし上司にはなってほしくはありませんね。

地獄楽死亡衝撃7位:あか絹(ぎぬ)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ7位はあか絹(ぎぬ)

次に紹介するのは「人喰い花魁」の異名をもつ美女として登場し、瞬く間に殺害されてしまった衝撃的な退場を迎えてしまったあか絹を紹介します。

何か訳ありそうな雰囲気の漂う妖艶な美女と、かつては侍や漁師などの男性を誘惑しては殺して食べるなどの男性専門の殺人鬼として恐れられていたサイコパスでもあります。

あか絹と書いて(赫絹)と読み、男を虜にしてから食べる殺人鬼と人喰い花魁の異名を持つ彼女の年齢は17歳で身長は163㎝となっています。

もし現代に生きていれば、それなりの活躍をした女優かアイドルになれていたかも知れません。

また彼女は人心掌握にも長けておりと、相手主に男性などの心を揺さぶり、誘惑しては自分の意のままに操るなど、罪人選別の際にもそれを利用し生き残った実績があります。

自分の美しさを武器にして相手を利用する様は、まさに悪女としてふさわしくあり、また相手を食べるのは心を取り込み、相手の身すらも喰らうとまさに蜘蛛とも言えます。

その為か氣属性は火となっており、彼女の存在は色香の熱気に相手を朦朧とさせ、そのまま喰らう存在とも言えます。

しかしそんな彼女でしたが島に上陸後に、監視役の士遠を誘惑しますが、彼には彼女の甘い言葉は通じず、規律違反として彼の手によって処刑されてしまいます。

幼い頃に芸人であった母親に両目を潰され、光を奪われた彼にとって、美しい容姿を持つ、あか絹の色香は通じず、規律違反によって斬首されてしまいます。

多くの男を虜にした金髪の長髪を首ごとに切り落とされ、美しい死に様とはかけ離れた死骸を晒す事になった彼女。

物語に大きく喰い込んでくるのではと、期待され、また容姿からも活躍するのではと推測されるも、あっけない退場にと多くの読者を驚かせました。

地獄楽死亡衝撃6位:茂籠牧耶(もろまきや)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ6位は茂籠牧耶(もろまきや)です

作中の中でも異色の存在とも言えるオネエ言葉で話す「ころび伴天連」と異名を持つ、新興宗教の教祖だった牧耶は、今で言うところのカルト教祖です。

全ての人間を極楽に導く天命を持って生まれたと語り、信者を先導しての倒幕を目論んだと、島原の乱を起こした天草四郎時貞の様な人物みたくに信者を先導しました。

しかし当人は俗物の塊であり、自己顕示欲と私利私欲の塊でもありと、他人を利用して利益を貪る悪人でもあります。

誕生日は2月6日で水瓶座生まれで、一応は男であり、年齢は24歳で身長は日本人ながらに191cmとの高身長。

武器は鋭利な爪を持ち、相手を斬り裂く事を得意としています。

最初は杠の言葉に籠絡され、彼女を利用しようと企むも、逆に彼女に利用されてしまいます。

島の異形の怪物達の実験台にされてしまい、最後まで杠に利用されながらに追い込まれ、最後は彼女の死の偽装に騙され、苦無で刺殺されてしまい、その役目を終えます。

実験台として使い潰されるだけの哀れな役どころとなり、監視役の源嗣は杠によって籠絡されてしまいます。

なお氣属性は金です。

現代ならばお姉キャラとしてTVで活躍していたかもしれません。

スポンサーリンク

地獄楽死亡衝撃5位:陸郎太(ろくろうた)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ5位は陸郎太(ろくろうた)です

誕生日は10月6日で天秤座生まれの男性で、年齢は何と推定8歳と身長は321cmの化け物となっています。

これは間違いなどでは無く、本当の年齢であり、まだ子どもである異形の存在となります。

通称は備前の大巨人(だいだらぼっち)の異名を持ち、氣属性は木と、その異様な身体と怪力は無意識化によって放出されていた氣によって膨張していたのです。

氣の暴走によって身体が幼くも巨大化してしまい、3m以上の異常な巨躯となった彼は、画眉丸をも圧倒してしまう怪力を持ち、無邪気に暴れる怪物として恐れられます。

知能は幼い為に低くあり、また空腹になれば泣きわめいてしまい見境なくに暴れて、手当たり次第に肉を食べるなどの行為を行ってしまいます。

その結果にして自身の両親を殺害し、また周囲の人間を殺めるなど、自分の手で故郷の村を壊滅させてしまったと、制御できない力を持て余す異形とも言えます。

その結果に監視役である衛善を殺害。

彼を喰らってしまうなどの空腹に襲われ、結果として画眉丸に襲い掛かります。

その力は圧倒的であり、異形の住む島の化け物をも凌ぐほどの脅威ともなり、画眉丸と佐切の共闘にて打ち倒されてしまいます。

刀をも通さない強靭な巨漢の肉体。

大熊を食べ尽くすほどの大食漢。

空腹によって暴れ出すなど、幼い子どもを化け物にした怪物とも言えます。

現代にて生まれていれば、ミュータントとして扱われていた可能性がありますね。

地獄楽死亡衝撃4位:衛善(えいぜん)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ4位は衛善(えいぜん)です

山田浅ェ門・試一刀流一位となる門弟をまとめ上げる優秀なリーダー。

誕生日は3月9日で星座は魚座と、年齢28歳の身長 180cmの高身長の男性で、剣術の才覚に恵まれ、将来を有望視されていた実力者。

乳児期にて病気によって左目を失い眼帯をしてはいるも、剣の腕は凄まじくあり、その技量は山田浅ェ門としても恥じない技量でもありました。

落ち着きがあり、常に沈着冷静と強者の風格を持つ人物でしたが、空腹で暴れてしまった陸郎太を処分しようと刀を振るうも、彼の異常な力の前に実力を出し切れずに瞬殺されます。

またその骸は陸太郎によって貪られてしまうなど、作中における死に様でも、衝撃的な死となっています。

なお氣属性は木であり、皮肉にも陸太郎と同じでした。

もし現代に生きていればエリート社員のリーダー格か、それとも議員になっていたかも知れません。

地獄楽死亡衝撃3位:仙汰(せんた)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ3位は仙汰(せんた)です

誕生日は1月20日の山羊座生まれ、年齢は17歳で身長は158cmで小太りな体型をしています。

しかし見掛けによらず試一刀流五位であり氣属性は水。

杠の担当として島に上陸します。

人が良さそうな眼鏡の男性であるも、その実力は確かなモノです。

突きを多用した剣技を得意とするも、しきたりに縛られている為に実力を発揮する事が出来ず、また実戦経験は乏しく、その実力を生かし切れないと、不運な人物でもあります。

首切り人ではなく絵を描く事が好きであるも実家のしきたりによって山田家に入門するも、人を殺める事に罪悪感を覚え、救いを求めて宗教研究に没頭してしまいます。

人の死を恐れ、殺めることに恐怖感を覚える程に善人。

恐怖心を忘れる為にと蘭学や植物学に詳しい学者としての気質もあり、戦闘には向いていません。

奔放な杠に振り回され得てしまうも、内心では彼女の自由奔放な一面と言動に憧れており、作中でも彼女に対する恋慕を抱く様になってしまいます。

しかしムーダンとの死闘の際にその弱点を見破るも、致命傷を負ってしまい、杠の腕の中で息絶え、死ぬ前にしきたりに縛られない想いを抱きながらにその人生を終えます。

現代ならば良い先生か研究者に慣れていたかも知れませんね。

地獄楽死亡衝撃2位:蓮(リエン)


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ2位は蓮(リエン)です

蓮の名を持つも、その正体は普賢上帝(ふげんじょうてい)と呼ばれる天仙のリーダーであり、徐福が生みだした最初の天仙となります。

天仙達のリーダー格で氣属性は土となり、不老不死の仙丹を造り出す外丹法の研究を続ける研究者でもあります。

外丹花の氣を押さえ込んだ弔兵衛を研究するなど、不老不死の丹を作り出す神獣盤古を完成させるなど、日本本土を丹に変換しようと目論みます。

しかし画眉丸との出逢いや、彼との死闘の中で徐福と過ごした日々を思いだし、彼を治癒した後に自らの意思で消滅しました。

誕生日は5月14日で牡牛座の生まれ、性別は女性で、年齢は明らかにされてはいませんが約1000歳となり、身長は 173~185cmとなります。

作中でも愛の深い人物だったと、その死は衝撃的でした。

地獄楽死亡衝撃1位:シジャ


地獄楽で死亡したのが衝撃だったキャラ1位はシジャです

そして栄えある第1位はシジャとなります。

誕生日は2月18日に水瓶座生まれとなり、性別に関しては明かされてはおらず、多分は女性ではないかと思われます。

身長は165cmであり、中肉中背の身体をしており、次代の画眉丸として選出され鍛えあげられた忍でもあります。

氣属性は水であり、柔軟な動きに加えての激流のような攻撃と、その凄まじさは画眉丸と同等とも言えます。

今現在の画眉丸と共に修行した仲間であり、幼い頃から彼を崇拝しており、彼に対する侮辱や冒涜を許さず、もしそれを行った相手を惨殺する程の彼への歪んだ愛情を持っています。

また忍にもかかわらず短気であり、野菜が嫌いと子どもっぽい一面があります。

特技は生皮剥ぎとサイコパスな一面もあり、画眉丸に対しての想いが強くあり、歪んだ気持ちを持って彼を連れ戻したいと考える程に彼に固執しています。

彼を殺す使命を受けるも、殺されてもいいし、殺したいと歪んでいる愛情を持っているなど、ヤンデレ気質とも言えます。

もし現代ならば間違いなくに画眉丸のストーカーになっていたと、ヤンデレのサイコパスだったかもしれませんね。

まとめ

今回は地獄楽の死亡ランキングをまとめました。

下記に簡単にまとめます。

あくまで筆者が主観的にまとめた地獄楽死亡衝撃ランキングですので、人それぞれランキングがあると思います。

そこに関しましてはご理解いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました