【ヒロアカ】331話ネタバレ!!スターアンドストライプの個性が強すぎる!!死柄木撃破のため秘策の発動。

ヒロアカ
僕のヒーローアカデミア331話より引用©堀越耕平/集英社

2021年11月1日に僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)「331話」がジャンプにて連載されました。

ヒロアカ330話にてアメリカNo.1ヒーローのチート個性が判明して、マスターピース vs スター&ストライプの戦いが幕を開けました。

決着はどうなったのか、流石にアメリカNo.1なので真っ先に退場だけはしないでほしいと願うばかり。

ではヒロアカ「331話」の内容をネタバレしていきます。

注意

ヒロアカ331話の内容はがっつりネタバレとなります。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

ヒロアカ331話ネタバレ

ヒロアカ331話「アメリカ」

ヒロアカ331話ネタバレ①新秩序のルール

ヒロアカ331話ネタバレ1つ目は新秩序のルールです

死柄木はわずかの戦闘でこの個性について分かってきていました。

①生命(肉体)に対してパワーアップなどの強化には限度がある
②その反面弱体化には限度がない
③ルールを適応したものから触れていないモノにまでルールを付けることが出来ないこと(あるいや効果が弱まる)

「生命以外のあらゆるものにはかなり自由度を誇る「新秩序(ニューオーダー)」

ヒロアカ331話ネタバレ②新秩序の真髄

ヒロアカ331話ネタバレ2つ目は新秩序の真髄です

生命とそれ以外の差は「名前を呼ぶこと」

死柄木にルールが適応されなかったのはスターアンドストライプと死柄木の認識のズレ。

現状、死柄木は自分が志村なのかAFOなのか死柄木なのか分かっていない。

そのためスターアンドストライプが触れた際に「トムラシガラキ」にルールを作ったが適応されなかった。

スターアンドストライプは「新秩序(ニューオーダー)」もレーザー集中砲火も効かない死柄木に対して決断をする。

「こいつはもう日本の敵じゃない。世界の敵になる日本にはできないやり方で殺す。」

ヒロアカ331話ネタバレ③秘策の発動

ヒロアカ331話ネタバレ3つ目は秘策の発動です。

やはり生命以外にはかなりの自由がきく「新秩序」

大気を自身の100倍まで大きくして固めるという荒技を出します。

死柄木には見えない大気を操り攻撃。

スターは死柄木の超再生からダメージを蓄積するのは無意味であると判断し、粉微塵に砕くしかないと判断。

ここでスターの秘策が発動します。

「新型極超音速大陸間巡航ミサイル ティアマト!!」

何十発ものミサイルが死柄木に迫る!!

スポンサーリンク

まとめ

今回はヒロアカ331話の内容をまとめました。

スターアンドストライプの個性は死柄木に効かないだけで、マジ最強の個性です。

死柄木を殺すために発動した「新型極超音高速大陸間巡航ミサイル「ティアマト」」を発動したことで今後どのような展開になるのか楽しみですね。

正直ミサイルで死柄木がやられるとは到底思えませんが(笑)。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました