【ヒロアカ】332話の内容をネタバレ・考察!!世界No.1ヒーローの個性が奪われる?

2021年11月1日の少年ジャンプにてヒロアカの最新話「331話」の内容が明らかになりました。

その内容を踏まえてヒロアカの最新話「332話」の内容を「考察」していきます。

そしてヒロアカの332話が連載されたときにその内容を追記する形でネタバレしていきます。

それではヒロアカの「332話」の内容を考察していきます。

ヒロアカ331話の内容を知らない方はこちらからご覧ください

注意

ヒロアカ「332話」の内容考察はネタバレを含みます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

ヒロアカ332話考察

ヒロアカ332話考察①スターアンドストライプの個性は奪われる?

個性奪う

僕のヒーローアカデミア330話より引用©堀越耕平/集英社

現在アメリカNO.1ヒーローとして登場したスターアンドストライプ。

自分が対象触れルールを追加することが出来るというぶっ壊れ能力。

アメリカのトップは実質世界No.1のヒーローといえる切り札。

しかし死柄木が魔王となった今、この戦いは死柄木 vs 緑谷の戦いと同等、いやそれ以上のベストマッチです。

スターアンドストライプの個性が奪われたら流石にヒーロー側に勝ち目はないが、逆に死柄木が倒されることも想像つかない。

お互い瀕死の状態で倒れ引き分けで第1ラウンドは終わりそうな気がする。

上空での戦いであることから緑谷の介入は絶対ないですからね。

ヒロアカ332話考察②AFOの登場?

現在死柄木は自分の存在が誰なのか分かってない状態。

緑谷戦のように自身の命が危うくなるとAFOが登場してくるので、そろそろヴィランのブレーンが現れそうですね。

オールマイトの意志を引き継ぐ、「スターアンドストライプ」とオールマイトの宿敵「オールフォーワン」の意志を継ぐ「死柄木」

そしてティアマトと呼ばれる「ミサイル」

スターアンドストライプの秘策が登場したように死柄木にもまだ秘策が残ってそう。

それがAFOの登場ですかね。

スポンサーリンク

ヒロアカ332話考察③スターアンドストライプの個性の可能性

スターアンドストライプルール

僕のヒーローアカデミア331話より引用©堀越耕平/集英社

スターアンドストライプが死柄木に触れ「トムラシガラキはここから少しでも動いたら心臓が止まる」

と放ちルールを追加するが死柄木には通用しなかった。

その理由は認識のズレ。

スターは死柄木だと認識して触れたが、死柄木は自分が死柄木なのか、AFOなのか、志村なのか認識があいまいのため自我の確立した者には名を呼び聞かせお互いの認識が合わないとルールは適用されない。

大気など自我が無いものにはスターの一方的な認識でルールが適用される。

しかしスターは死柄木に攻撃した際に「本当の名前教えて?なんて答えてくれるわけがない」

と発言していた。

逆に読み解くと死柄木の認識(本当の名前)が分かればルールは適用されるということ

スターが最初に大気に触れ「私の100m先の正面の空間には存在できない」というルールを作った際死柄木は息ができないようでした。

なら大気に触れ「私の100m先の正面の空間にいる者の本当の名前を知ることが出来る」

みたいなデスノート的な感じで出来るんですかね?
ここから2021年11月8日になった際に、ジャンプにて発売されるヒロアカ332話の内容をネタバレしていきます。

スポンサーリンク

ヒロアカ332話ネタバレ

ヒロアカ332話「新型極超音速大陸間巡航」

ヒロアカ332話ネタバレ①若かりし頃のNo.1

ヒロアカ332話ネタバレ1つ目は若かりし頃のスターアンドストライプが少しですが明かされます。

スターアンドストライプの新秩序は何でも出来る個性に見えるが、パワーには限度があった。

「個性は極めて内的なものだよ」

自分が女だから強くなれないのかとスターアンドストライプは思うようになってしまいます。

しかし共に行動する2人は「そんなの関係ないよ。そういう個性ってだけだ」と放つ。

力が足りないならチームで補えばよい。そもそもオールマイトをガチで追いかけるスターアンドストライプに尊敬の意を表していました。

スターアンドストライプは自分の嫌いな女の子扱いを一切しない2人に感謝をしていました。

場面は戦場に戻る。

極超音速ミサイル「ティアマト」が向かってくるが問題は「触れられるのか」

現状レーザーを持つルールを設定していることから、解除する隙を作ってほしいことを頼む。

死柄木の超高速再生を進行させないまま、間髪入れずに火力にぶち込んでいる状態。

ヒロアカ332話ネタバレ②ティアマトに新秩序

ヒロアカ332話ネタバレ2つ目はティアマトに新秩序です。

ティアマトに触れて新秩序を追加するスター

「新秩序(ニューオーダー)ティアマトは旋回する!!」

巨大な大気がティアマトを持った状態でパンチを繰り出す。

あたり一帯が爆破する超威力。

死柄木の崩壊は操れる。

スターアンドストライプが何かを仕掛けるのは分かっていたこと。

新秩序の制限は2つまでということ。

これらを理解して死柄木は新秩序が変わった瞬間に崩壊で地下深くに潜りやり過ごそうとします。

勿論変わる前に地下に潜ってしまえば、スターアンドストライプに対応されてしまう。

たった一秒でも遅れを許さない状況の中、死柄木は成功する。

倒したと思った死柄木が現れ、足場のないスターアンドストライプを援護しようとする2人。

しかし2人が乗っているヘリを爆破します。

スターアンドストライプに触れてしまった死柄木の手。

物語は最悪の展開へと向かってしまうのか。。

スポンサーリンク

まとめ

本日はヒロアカ332話の内容を考察しました。

こちらに簡単にまとめます。

皆さんは今後どのような展開になると思いますか?よければコメントお待ちしております

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました