【呪術廻戦】伏黒恵に宿儺が受肉!?伏線や今後の展開についても考察含めてまとめていきます。 - VOD Introduction

【呪術廻戦】伏黒恵に宿儺が受肉!?伏線や今後の展開についても考察含めてまとめていきます。

スポンサーリンク

今回は呪術廻戦212話で宿儺が動き出しました。

しかも羂索により最悪の状況であることに加えて、最凶の人物が復活しましたからね

そして驚くべきは伏黒に宿儺が受肉したことです!!

ジャンプで見たのですが、個人的に伏黒(宿儺)ビジュアルは虎杖より好きですね!!

「そんなのどうでも良いんですよ!!」という感じですが早速本題に入っていきます

注意

「伏黒宿儺受肉」についての内容は呪術廻戦212話の内容が含まれます。ネタバレを好まない方は必ず閉じてください
また呪術廻戦の画像を引用させていただいております。問題がありましたら、問い合わせページからご連絡いただければ速やかに消させていただきます。(集英社/芥見下々様)

スポンサーリンク

伏黒が宿儺を受肉した経緯

まず現在、羂索の計画によって呪術師側がかなりピンチであるには変わりありません。

すべて羂索に弄ばれているような感じです。

そして「五条悟」が封印れているのが何よりも大きいでしょう。

五条悟の封印を解除できるのが「来栖華」になります。

当然来栖華も簡単には協力してくれません。

「来栖華」の目的は「堕天」を倒すこと

そして「堕天」=「宿儺」であることが判明します。

要するに「五条悟」を復活するためには「宿儺」を倒さないといけない状況

このことから伏黒が姉の津美紀を助けだしたら。虎杖は自殺をして宿儺を殺し、来栖華によって五条悟を解放してもらおうと考えます。

しかしそう簡単にはうまくいきません。

津美紀に万(よろず)という謎の人物に受肉されていたこと。

そして宿儺が「契闊」を使い、虎杖から体を乗っ取り伏黒に受肉したんです。

「契闊」は少年院編のときに生得領域で契約した内容になります。

何年の月日が経っているんだという感じですよね。

「面白いものが見える」と乙骨戦のときに言っていた伏線がここで回収されることなります。

なぜ宿儺は伏黒を受肉した?

なぜ宿儺は伏黒を受肉したのかそれは「十種影法術」を扱えるからではないでしょうか

というかこれ以外、有力なのがない。

元々伏黒には何かと興味を持っていた宿儺。

渋谷事変のときには伏黒が自身の犠牲にして調伏の儀式を行い「魔虚羅(まこら)」を出したときは宿儺が倒していましたね。

宿儺の目的はやはり完全体の復活だと思うんですよね。

受肉はあくまで人間に乗り移るようなもので、1000年前に実在した宿儺の体ではありません。

伏黒の術式である「十種影法術」は十種神宝をモチーフにしていると思われます。

十種神宝には「死返玉」と呼ばれる式神がいるとされます。

そして「死返玉」は死者を甦らせることができ、「由良由良」と唱えると発動します。

そのため「魔虚羅(まこら)」を呼び出したときに「布瑠部由良由良」と調伏の儀式を行ったことで、心変わりするように宿儺が「魔虚羅(まこら)」を倒したのも納得できるところがあります。

そう考えると宿儺と伏黒が少年院編のときに戦った当初から宿儺は伏黒に受肉しようと考えていたんですね。

宿儺が伏黒を受肉することは決められていた?

伏黒 宿儺 伏線

呪術廻戦より引用©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

呪術廻戦1話のカラー見開きで伏黒が扱う式神の「蝦蟇」に宿儺の模様が出されています

呪術廻戦の1話ですからね!!

これが計画的にやっていたと考えたら一体どこまで先の展開をこの時点から決めていたんか漫画家さんの凄さを改めてわかりますよね。

また「来栖華」という受肉している人物の登場で、「呪物の方の意思で受肉対象の器を殺さない受肉」ができるというのも説明されていたことから「伏黒恵」「伏黒津美紀」が受肉されるという伏線は着々と散りばめされていたんですね。

伏黒に宿儺が受肉したことで今度は少年院編の逆の立場になります。

虎杖 vs 伏黒(宿儺)。

今度はどのように止めるのでしょうか。

鹿紫雲一は少なと戦うことを目的としていたので、秤、鹿紫雲の介入は全然有り得そうです。

まとめ

今回は伏黒に宿儺が受肉したことに対する考察などをまとめました。

最近は死滅回遊の各ステージの戦いが多すぎてちょっと飽きてきたところだったんですけど、やっぱり宿儺が登場するとテンション上がりますよね。

しかも伏黒に受肉なんてまじで久しぶりに興奮しました。

今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました