【呪術廻戦】伏黒恵がかっこいい!!性格も言動も全てが魅力的です。

呪術廻戦 伏黒呪術廻戦
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

突然ですが呪術廻戦でかっこいいキャラと言えばだれを思い浮かべますか?
ぱっと思いつくのは「五条悟」ですよね。

最近では「禪院直哉」もかなりのルックスをしています。

でもこの2人は共通して欠落している所があります。

それは性格です。

五条悟は基本的に礼儀知らずで生徒への無茶ぶりも多いです。筆者からも性格以外は完璧と言われるほど。

禪院直哉は男尊女卑を平気でします。

以上のことを考えると呪術廻戦で性格含め一番かっこいいキャラは伏黒恵ではないかと個人的に思います。

ということで今回は伏黒恵がかっこいいと思う理由をご紹介していきます

注意

呪術廻戦の漫画の内容も含まれます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

伏黒恵とは

伏黒恵

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

まず軽く伏黒恵のプロフィールをご紹介します。

誕生日12月22日
年齢16歳
性格基本的にクールでおとなしいが熱くなるときもあるギャップイケメン。
好きな食べ物生姜
身長175cm以上
術式禪院家相伝の術式「十種影法術」(とくさのかげほうじゅつ)
等級二級呪術師
所属東京都立呪術専門学校1年生
CV内田雄馬

術式は禪院家相伝の術式「十種影法術」(とくさのかげほうじゅつ)で影を媒介とした十種の式神を操れたり、合体させて一つの式神を作ることも可能。

五条家と禪院家は昔から仲が悪く江戸時代の時、天皇の前で行う試合。言わば見せ物で本気で殺し合いを行い、両方死ぬほど。

その時の五条家の当主が今の五条悟と同じ六眼持ちの無下弦呪術。禪院家の当主が今の伏黒恵と同じ「十種影法術」使いであることから、伏黒の術式は強化できればチート能力と思われていた五条悟と匹敵する力となります。

伏黒恵は作中で10人ほどしか発動できない最強の奥義技「領域展開」を呪術高専の生徒の中で初めて会得するほどの力を持っています。

ざっと伏黒恵について説明しました。
ここから本題である伏黒恵のかっこいいと思う理由をまとめていきます。

伏黒恵がかっこいい理由

伏黒恵がかっこいい① 言動

伏黒恵はルックスもさることながら言動も物凄くかっこいいです。
まず呪術廻戦漫画「2話」に発言したこの言葉。

伏黒恵 名言

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

「死なせたくありません!私情です。なんとかしてください」

虎杖が宿儺を受肉して処刑対象になった時に五条悟には放った言葉なんですが、虎杖を処刑させないことは呪術界の上層部との関係上、伏黒にとってもプラスになることよりマイナスになることの方が多いです。

それなのに会って間もない虎杖に対して、自分の感情を正直に話すこの伏黒の言葉に「かっこいいな~」と思いました!!

伏黒 名言3

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

続いて呪術廻戦漫画「9話」で伏黒恵が頭の中で自分に向けて放った言葉。
「できるかじゃねぇ!やるんだよ!!」

宿儺という最強の敵を前に頭の中では負の感情が込み上げるなか、自分の正直な感情を折り曲げて気持ちを高めたこの言葉は本当にかっこいいと思いました。

この伏黒恵の言葉は現代の人の教訓にもなりますね。「できる・できない」の選択肢じゃないやるの一択だろという。悩むくらいならやれっとことですね。(かっこいい)

伏黒恵 言動2

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

こちらも同じく呪術廻戦漫画「9話」で伏黒恵が頭の中で自分に向けて放った言葉。
「少しでも多くの善人が平等を享受できるように。俺は不平等に人を助ける」

この呪術師の見本のような言葉を聞いた私は、呪術廻戦の主人公は伏黒恵なのではないかと思いました。善人を助けるために不平等に助ける。伏黒自身も死ぬかもしれない戦いの中でこの発言ですよ!!自分の事を優先しないキャラは基本惚れる要素が多いです。

伏黒恵 かっこいい言葉

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

こちらもまたまた呪術廻戦漫画「9話」で伏黒恵が虎杖に向けて放った言葉。
「俺は正義のヒーローじゃない。呪術師なんだ。」
前述で話した善人を助けるため不平等に人を助ける。虎杖が宿儺を宿したことで危険な存在であるのは確実。
正義のヒーローであれば虎杖を殺さないといけない。だけど伏黒は呪術師、自分の決めた信念に後悔することはなく虎杖を救うのが凄く良いと思いました。

伏黒恵がかっこいい② 好みの女性のタイプ

伏黒恵 かっこいい言葉2

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

こちらは呪術廻戦漫画「17話」東堂に好みの女のタイプを聞かれた際の返答。
東堂葵から好みの女を聞かれた伏黒は「その人に揺るがない人間性があればそれ以上求めません。」と発言。

東堂は「つまらん」と放ち攻撃をしてきますが、普通に完璧な答えですよね。
高校1年生で16歳の伏黒恵がこんな大人の返答をする感じがかっこいいですし、溜まらなく好きです。

ちなみに聞いた「東堂葵」のタイプは「身長と尻のでかい女が好み」と発言。

「いやお前の外見重視の返答の方がつまらんwa!」と思いましたね。(虎杖も同じタイプ)

伏黒恵がかっこいい③ ギャップ

伏黒恵 ギャップかっこいいシーン3

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

呪術廻戦漫画「17話」にて東堂に放った言葉
「下手に出てりゃ偉そうに。そこまで言うならやってやるよ」
原作で読んだときは、「伏黒にはまだ隠された力があるんだ!」っていうのが分かるシーンですよね。

多分ここで狗巻が止めに来なかったら、八握剣異戒神将魔虚羅を出すつもりだったんですかね?正直戦いが見たかったです。それにしてもこの威圧感と言葉が最高にカッコ良い。

伏黒恵 ギャップかっこいいシーン

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

呪術廻戦漫画「58話」特級呪霊との戦いで放った言葉。
「やってやるよ!!自由に」

不平等に人を助けるなど、伏黒恵は自分の事よりも周りの事を考えてしまうことが多い。
そんな中で、五条悟に「死んで勝つと死んでも勝つは違うよ?本気でやれ。もっと欲張れ。」

この言葉から何か吹っ切れた伏黒は普段では見せない表情を出し、生徒初の領域展開を発動します。言動の所とは大きく変わったドSな感じが漂う伏黒さん、まじかっこいいっす。

伏黒恵 ギャップかっこいいシーン2

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

呪術廻戦漫画「59話」のシーン
実は伏黒は中学の時、喧嘩も強くボコボコにして生徒の上に座るという今では考えられないほどのヤンチャぶりでした。呪力も使えることから喧嘩も強いのは当たり前なんですが、こんな感じだったことに驚きました。

しかも発言が「私はあなたを殺しません。だからアナタも私を殺さないで下さい」だ。

伏黒はいじめられていた生徒を守った側なので良いですが、完全に奴隷のように扱っていますね。
このギャップが溜まらなくかっこいいです。

伏黒恵 ギャップかっこいいシーン4

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

呪術廻戦漫画「117話」にて八握剣異戒神将魔虚羅を調伏し、呪詛師の重面春太に放った言葉。
「先に逝く。せいぜい頑張れ」

これはもう誰が何と言おうと、

顔が最高にかっこいい!!

かっこいい言動の際、ご紹介した表情とこの表情全く違いますよね。

作中の全キャラ含めてこの伏黒恵の表情が私は一番かっこいいと思っています。ドSな感じが溜まらなく良いです。

伏黒恵がかっこいい④ 頭脳派

伏黒恵 頭脳派

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

伏黒恵の戦闘スタイルはプロフィールでも記載しましたが、影を媒体して10種の式神という名の動物のようなものを出して戦闘をしていきます。

伏黒恵は熱くなり何も考えずに戦闘をすることもありますが、基本的には式神を戦闘状況に応じて使ったり、相手の術式について考え立ち回ることが出来る頭脳派なキャラです。

性格、顔がかっこいいだけなく頭脳派な一面を持っていることも魅力の一つですね。

実力もポテンシャルも持っている伏黒恵が今後どのような戦闘を繰り広げてくれるのか、そして戦闘でどんな表情を出してくれるのか楽しみです。

読者の伏黒恵に対する評判


伏黒がかっこいいだけでなく、術式で召喚された式神もカッコよかったり、可愛かったりするのでそこも見ていて楽しい所です。

まとめ

今回は伏黒恵のかっこいい理由について私から書かせていただきました。

正義感強く、自分の信念を曲げずに戦い続ける伏黒恵は本当にかっこいいです。

言動から呪術廻戦の主人公ですよね笑

伏黒恵は宿儺からも必要とされている存在。

今後の展開のキーとなるキャラであることは間違いないので、前述でも記載した通り伏黒恵のドSな顔した戦闘が見たいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました