【呪術廻戦】ラスボス候補5選!個人的に考察(妄察)していきます。

宿儺 アニメ呪術廻戦
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

どの漫画もそうですが、やっぱり一番気になるのは「ラスボス」ではないでしょうか。

名探偵コナンやワンピースは何年続いても「ラスボス」の正体が分からず未だ読者を楽しませてますよね。

ラスボスには大きく分けて2つのパターンがあります。

1つ目はラスボスが敵のリーダー的存在。

NARUTOでいう「大筒木カグヤ」諸悪の根源的なキャラがラスボスはよくあるパターンだと思います。

そして2つ目はラスボスが味方の誰かだった場合

これだった時自分は興奮します。ブリーチでいうと結局その次の編で、ラスボスが出てきましたが「藍染惣右介」の正体が判明した時は、やばかったです。

何度も記事で書いているんですが、呪術廻戦の作者芥見先生は「作品が面白くなるならキャラを殺す」また「最後は決まっている」と発言しています。

このことから今からでもラスボスは考察出来ると思います。

ということで今回は2つのラスボスのパターンを踏まえて、呪術廻戦のラスボス候補5選を考察(妄察)していきます。

注意

呪術廻戦の漫画の内容も含まれます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

呪術廻戦 ラスボス候補5選

ラスボス候補① 両面宿儺

宿儺 アニメ

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

漫画を見ていく中でラスボスが敵であるパターンだった場合、「呪術廻戦のラスボスだな」と思うキャラは2人います。

一人目はラスボスの可能性が一番高い「両面宿儺」です。

この両面宿儺が呪術廻戦という物語が始まった「諸悪の根源」でもあります。

虎杖雄二が両面宿儺の指を喰らい、受肉しなければ当たり前ですが、物語は始まりません。

そしてなんと言っても「両面宿儺のラスボスのような風貌」ですよね。

呪術廻戦 宿儺

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

このオーラはどう考えてもラスボスと思わざるを得ないですよね(笑)。

領域展開をお披露目するとき、虎杖雄二の心の中で座っているとき、渋谷で市民を皆殺しにしたときなど圧倒的ラスボスな感じが溜まらないんですよね。

風貌、天上天下唯我独尊のような性格、平気で人を殺すと普通に考えたら好きになれないんですが、なぜか嫌いになれない不思議なキャラ。

「呪いの王」と呼ばれるほど敵の中のTOPとも呼べるキャラなので、ラスボスが敵であった場合「両面宿儺」であってほしいですね。

ラスボス候補2 加茂典敏(偽夏油)

真人 クズ

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

ラスボスが敵だった場合、2人目は加茂典敏(偽夏油)です。
呪術廻戦のラスボスは普通に考えてたら「両面宿儺」と「加茂典敏」のどちらかでしょう。

加茂典敏(偽夏油)は呪霊・呪詛師のボスとなっています。

その存在は「史上最悪の呪術師」と呼ばれ、「呪胎九相図」という九体+虎杖雄二を合わせた10体の「人間と呪霊のハーフ」を作った人物。

能力は、脳を入れ替えることでその肉体の記憶と術式を奪う最強クラスの能力。

加茂家の血を引いているので、血で脳を操っている可能性もあります。

この加茂典敏は両面宿儺と並ぶ「最強かつ最悪」のキャラです。

頭が良く、確実に安全に計画を進めていきます。リスクを負ってでも成し遂げるような危ない橋は決して渡りません。

敵側であれば邪魔でしょうがない五条悟を、高校時代の親友かつ自分の手で殺した夏油傑の姿で登場することで、動揺を誘い獄門彊に封印することに成功。

あの真人を作ったもの夏油傑の能力を得た加茂典敏だと判明しました。

現在では呪術師の選別と呼べる1000人の呪術師が争そう「死滅回遊」のゲームマスターになっており、伏黒恵の姉である伏黒津美紀や五条悟の封印を解くキャラ来栖華が参加しているため(させられているため)、虎杖、乙骨、伏黒が参加します。

今の所、ラスボスとしての役割は間違いなく「宿儺」より「加茂典敏」のほうが成しています。

ラスボス候補③ 菅原道真

乙骨 家系

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

登場しておらず顔も分かりませんが、意外性としてあり得るのが「菅原道真」です。

日本最大怨霊の一人で、超大物呪術師です。

そして現代の最強呪術師「五条悟」と五条悟の呪力量を超える「乙骨憂太」の祖先と呼べる人物です。

この説明だけで超絶強いのは判断できます。

最初は偽夏油が菅原道真と思っていましたが、加茂典敏であったため薄れました。

正直、私としては「加茂典敏」と「両面宿儺」の2人が最強、そしてその2人より強いと思われる五条悟が封印されたことで、味方側の陣営はもう「乙骨憂太」しか目立って強いのがいません。

そして呪術廻戦では何かと1000年前というのがキーになっているので、もしかしたら味方側で登場してくることを期待しています。

ですが両面宿儺より全然強そうなので、ラスボスとして登場してくる可能性も無きにしも非ずという感じです。

ラスボス候補④ 五条悟

五条悟 ラスボス

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

これはほとんどあり得ないと思っていますが、ラスボスが味方だった場合、一番興奮するのが「五条悟」です。

すいません!これに関しては根拠マジでないです(笑)

五条悟は結構「ラスボスだろこいつ」と思う表情を良くしますよね(笑)
上の画像とかもう完全に敵側の表情ですもん。

五条悟が加茂典敏とかに操られる展開とか結構衝撃的なので1%ぐらいの確率であり得るかも(笑)

私の妄想ですが、もし五条悟がラスボスであった場合、両面宿儺が味方に付いて戦うパターンとか面白そうですよね。
両面宿儺は五条悟に「小僧の体をものにしたら真っ先に殺してやる」と発言していますので、戦う可能性ありますね。

ブリーチの影響が強い分、「味方の隠れたキャラが実は敵側のボスでした。」パターンは可能性としては少なくはないです。
伊地知さんとかラスボスだったらクソ面白いですけどね(笑)

ラスボス候補5 まだ登場していないキャラ

「呪術廻戦の終わりはもう決まっている」と早い段階から言っていたことからこれも少ないと思われます。

漫画だと145話も進んでいてラスボス的存在が出ている中、今頃登場した新キャラがラスボスでしたなんて考えにくいです。
そもそも新キャラだった場合、ちょっと幻滅してしまいますね。

やっぱり有力なのは「両面宿儺」と「加茂典敏」の2択です。

結局はこの2人どっちも倒さないと物語は終わらないので、先に加茂典敏を倒して、その後両面宿儺を倒す流れが一般的な流れな感じがします。

読者が思う呪術廻戦ラスボス候補

まとめ

今回は呪術廻戦ラスボス候補5選を考察(妄察)しました。

文字をタップすればそちらの内容に飛べますので宜しくお願い致します。

今回はラスボスだと思うキャラを私がただ単に考察しているだけなので、楽しむ程度に見ていただければと思います。
やっぱり呪術廻戦のラスボスは「両面宿儺」であってほしい。

呪術廻戦グッズ

人気アニメのグッズが沢山!!靴やキーホルダーぬいぐるみと商品が盛りだくさんなので是非ご覧ください。

呪術廻戦のグッズを見に行く

コメント

タイトルとURLをコピーしました