【呪術廻戦】163話ネタバレ!!罠にはめたの人物が判明。日車との戦いが幕を開ける

2021年10月25日に呪術廻戦「163話」がジャンプにて連載されました。

呪術廻戦162話にて日車の居場所を知る両者ですが、二人が放った居場所は「池袋」「新宿」。

どちらが罠にはめようとしているのか。

では呪術廻戦「163」話の内容をネタバレしていきます。

呪術廻戦162話の内容を知らない方は下記をご覧ください。

注意

呪術廻戦 163話の内容ネタバレはコミック派の方でもネタバレとなります。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

呪術廻戦163話ネタバレ

呪術廻戦162話「東京第1結界(コロニー)③」

呪術廻戦163話ネタバレ①虎杖と甘井の出会い

甘井は狩られる側になるのが怖くプライドが高い集団に身を寄せ自分が的になることを避けていた。

時には女子とおいしい思いも出来るし、と発言していると「やめろよ」と誰かが放つ。

プライドが高い3名の集団は生徒指導として殴りかかろうとするが、一瞬にして返り討ちにある。

その人物こそが虎杖悠二であった。

呪術廻戦163話ネタバレ②罠にはめたのは

虎杖と甘井は新宿へ。

伏黒と麗美は池袋に向かい日車に接触しようとします。

甘井は虎杖に場所を教えて別れた際に、どこか申し訳なさそうは表情を浮かべます。

すると目の前からいかにも強そうな術者が現れる。

「あなた騙されたの♡」

騙されていたのは何と伏黒のほうでした。

伏黒は麗美に対して殺意の目をあらわにする。

スポンサーリンク

呪術廻戦163話ネタバレ③日車 vs 虎杖

となると当たりを引いたのは虎杖。

劇場に入るとステージの上で服を着ながら風呂を入っている日車の姿が。

虎杖は日車が受肉した過去の術師ではなく術式が開花した現代の術師であると理解します。

そこで話が通じると思った虎杖は死滅回遊を終わらせたいという理由から日車の100ポイントを使えないか問う。

日車の返答は「断る」

日車は死滅回遊の可能性を信じており、時に法は無力だが、死滅回遊のルールは全てが本物。

告訴も控訴も必要なく、ルールを犯した者に物理法則のように罰せられる世界が素晴らしいと放つ。

しかし虎杖はこの死滅回遊が単なる儀式に過ぎないことを知っているため、もたもたしていると日本国民全員が死ぬと発言。

日車は死滅回遊は永続を謳っていることを知っているため、虎杖が嘘をついてポイントを貰おうとしていると考える。

虎杖は言い換えお願いではなく、命令のように100ポイントを使わせろと発言。

虎杖 vs 日車が幕を開ける

スポンサーリンク

まとめ

今回は呪術廻戦最新話163話の内容をまとめました。

この話で罠にはめていたのが麗美であることが分かりましたね。

正直虎杖の方がレジィと戦いと思っていたんですが、「虎杖 vs 日車」「伏黒 vs レジィ」という構図になりましたね。

どっちも強そうですね。。。

メインは日車なので、先に伏黒 vs レジィになりそうですね。

レジィを倒した後の麗美をどうするかが楽しみです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました