【呪術廻戦】鹿紫雲一(かしもはじめ)とは!?目的や正体、術式についてまとめていきます。

呪術廻戦
呪術廻戦158話より引用©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

呪術廻戦 158話にて初登場したキャラ「鹿紫雲一(かしもはじめ)」

死滅回遊のプレイヤーであり、殺すことを楽しんでいる残虐性の高いキャラ。

現在判明しているキャラの中で一番ポイントを所有しており200ポイント持っていました。

今回は謎に満ちた「鹿紫雲一(かしもはじめ)」についてまとめていきます。

注意

鹿紫雲一(かしもはじめ)についてはネタバレを含みます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

鹿紫雲一(かしもはじめ)とは

鹿紫雲一

呪術廻戦158話より引用©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

鹿紫雲一(かしもはじめ)とは虎杖悠二のように呪物を取り込ませた者 =羂索と契約した人物です。

鹿紫雲一(かしもはじめ)は死滅回遊にルールを追加した初めての人物。

その内容は「プレイヤーは他プレイヤーの情報、名前、得点、ルール回数、滞留結界(コロニー)を参照できる」というもの。

最初に放った言葉は「どいつもこいつも貧弱すぎる。400年前の方が幾分ましだった。どこにいる宿儺!!」です。

このことから鹿紫雲一(かしもはじめ)は

・400年以上前の術師であること

・宿儺を狙っていること

が分かります。

鹿紫雲一は100ポイントでルールを追加してなお100ポイントを所有していることから「200ポイント」持っていたことになります。

ちなみに死滅回遊のポイントは術師を殺すと「5ポイント」非術師を殺すと「1ポイント」です。

鹿紫雲一の性格上、術師としか戦闘しない感じなので、既に「40人」を殺しています。

高専側で鹿紫雲一(かしもはじめ)と戦闘を行うのは「秤金次」となります。

その理由は「得点だけ見れば一番強い鹿紫とやるのは当然だろ」とのこと。

お互いまだ術式が判明していないので楽しみなマッチアップです。

死滅回遊において、日車寛見、鹿紫雲一、来栖華の3名が物語の鍵となっています。

鹿紫雲一(かしもはじめ)の術式

鹿紫雲一

呪術廻戦158話より引用©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

鹿紫雲一(かしもはじめ)の術式は現在判明しておりません。

しかし画像を見る限り「無下限呪術」だと思われます。

即ち400年前の五条家のだと予想します。

まず初登場に姿を見た時、五条悟に見た目が似ていたんですよね。

無下限呪術

呪術廻戦158話より引用©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

また鹿紫雲一が殺したプレイヤーは腹部に穴があけられ壁も同様に崩れていました。

これを見た時、私は真っ先に「渋谷事変で五条悟が花御を圧死した時と似ている」と思いました。

鹿紫雲一の術式が「無下限呪術」であることは自分の中でほぼ確定だと思っています。

問題は「六眼」があるのかですね。

私的に五条悟の下位互換だと思われます。

「六眼」餅ではなく、虚式「紫」は使えない。

使えるのは「術式順天 蒼(あお)」、「術式反転 赫(あか)」の2つで、呪物を与えられたことで、虎杖のように身体能力が向上した感じですかね。

※あくまで私の予想なので、鹿紫雲一の術式が「無下限呪術」ではないかもしれません。

鹿紫雲一の領域展開

鹿紫雲一 領域展開

呪術廻戦158話より引用©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員

鹿紫雲一の領域展開は現在判明しておりません。

しかし非術師が覚醒して術師となった日車寛見は領域展開を扱えていました。

日車寛見の領域展開は「必中必殺」ではあくまで「必中」だけでした。

昔の術師の領域展開は一般的に領域内の対象に自身の術式を「強制(必中)」させるというもの。

しかし現代の術師は「必殺」にこだわるあまり、領域を構築する条件のハードルが上がり、領域はより高度な技術になったことで使い手は減少した。

と天元様は放っていました。

確かに領域展開を発動したら勝つというのがおかしいですよね(笑)

そのため鹿紫雲一も400年前の術師であることから、「必中」能力のある領域展開ではないかと思われます。

日車寛見は弁護士で合ったことから法廷の領域が創られていましたが、鹿紫雲一については情報が少ない為、予想しづらいですね。

スポンサーリンク

鹿紫雲一について読者の反応


やはり皆さん鹿紫雲一は五条家の人物だと予想していましたね。

また五条悟が伏黒に言っていた御前試合をした五条家の当主が鹿紫雲一の可能性は充分あり得そう。

もしそうであったら「六眼」持ちなので秤金次だけだと絶対倒せない気がしますね。

御前試合をした五条家の当主が鹿紫雲一だとするなら、御前試合の相手は伏黒と同じ十種影法術使いだったので、

「伏黒」 vs 「鹿紫雲一」の可能性もあり得そう。

まとめ

今回は鹿紫雲一についてまとめました。

顔が五条悟と似ていることや殺したシーンから術式が無下限呪術に似ていることので、五条家の人物であるのは間違いなさそう。

となると鹿紫雲一はまじで強いので、乙骨と真希が登場して「秤、乙骨、真希」 vs 「鹿紫雲一」という構図になりそう。

現在、日車サイドの話となっているので、鹿紫雲一サイドの話も気になりますね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました