【ワンピース】ハンコックとは!?悪魔の実の能力や壮絶な過去、ルフィとの関係性や現在についてまとめております

ワンピースには数々の魅力的な女性キャラが登場していますよね。

その中でも一際綺麗さが際立つキャラがいますよね。

それが「海賊女帝ボア・ハンコック」です。

年齢も31歳のため、ほかの女性キャラにはない大人の女性の魅力というのに惹かれてしまう方も多いのではないでしょうか!

今回はそんなみんな大好き「ボア・ハンコック」についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ボア・ハンコックとは

ボアハンコックとは

ワンピースより引用©尾田栄一郎/集英社/
アニメ制作会社:東映アニメーション

誕生日9月2日
身長191cm
年齢31歳
異名海賊女帝
所属九蛇海賊団船長、王下七武海
悪魔の実メロメロの実(超人系)
CV三石琴乃

ボア・ハンコックとは海賊女帝と呼ばれる王下七武海の一人であり、女ヶ島「アマゾン・リリー」を仕切っている人物です。

上の画像を見てわかる通り、圧倒的な美しさですよね!

見た目はロビンに似ていて、ロビンにもっと大人の魅力が重なった感じがします。

サラサラの長髪に191cm。

そして胸もJカップあるというルックス最強です。

世の男性はボア・ハンコックが通り過ぎただけで目にハートマークがつきます。

「わらわが美しいから!!」という言葉と共に全て許されている気がします(笑)

ハンコックは悪魔の実の能力者で「メロメロの実」の超人系を宿しています。

ハンコックにぴったりすぎるメロメロの実の能力に関しては後程詳しく説明します。

また、100万人に1人の選ばれし力「覇王色の覇気」を扱えるのも特徴です。

ハンコックは元々天竜人の奴隷であった辛い過去がありそれから天竜人を恐れています。

奴隷の時にその印として紋章を背中に焼き付けられています。

そのことがきっかけで男を信じられなくなり、女ヶ島「アマゾン・リリー」の皇帝として仕切っているというわけです。

男を嫌っているボア・ハンコックにも唯一好意を抱いている男性がいます。

それが「モンキー・D・ルフィ」です。

天竜人の奴隷であった自身の過去を明かした際に「天竜人が嫌い」という言葉をルフィが放ち、そしてシャボンディ諸島ではその天竜人を殴るというクレイジーなことをやっていますからね(笑)

ハンコック29歳にしての初めての恋心というわけです(31歳は2年後の年齢のため)

ここからハンコックの悪魔の実の能力について詳しくまとめていきます。

ボア・ハンコックの悪魔の実の能力

前述にも記載しましたが、ハンコックは「メロメロの実」の能力者です

能力としては「石化」です。

メロメロ甘風というハートのマークでピンクのビーム技はハンコックに魅了されている人物に対して発動します。

ほとんど海兵はハンコックに魅了されているためくらった時点で石になります。

「ハンコックに魅了されない人物には効かないのか?」

そういうわけではないんです。

ハートの矢を広範囲に放つ遠距離攻撃や能力を宿しながらの近接攻撃をくらうと石化できます。

そしてメロメロの実の石化はハンコックにしか解除できません。

石になった状態で粉々にすることも可能なので、パラミシア系の能力だが相手を抵抗のできないロギア系のようにしてしまう恐ろしい能力です。

「メロメロ」という名前とは裏腹に石に出来た時点で勝負が決まる恐怖の力ですね。

ボア・ハンコックの過去

ボア・ハンコックは元々天竜人の奴隷であった過去があります

妹のサンダーソニア、マリーゴールドと3人で天竜人の奴隷になっており、その記憶は消えることはなく、ここから「男」と「世界政府」を嫌いになります。

奴隷時には背中に天竜人の紋章を焼き付けられ、この過去は3人以外に知っている人物はルフィのみで、女ヶ島の島民にはその紋章を見ると石になるという偽っている。

ちなみにメロメロの実は奴隷時代に食わされたものです。

フィッシャータイガーのマリージョア襲撃によりハンコック達は逃れることが出来たため「恩人」とハンコックの口から放っています。

ハンコックの背中の印を風呂場に偶然入ったルフィが見てしまったことから、過去を知ることとなります。

ボア・ハンコックとルフィの関係性

ボア・ハンコックはルフィに好意を抱いています。

きっかけはルフィがハンコックの背中の印を見てしまったことからです。

それ以前にもサンダーソニア、マリーゴールドと戦った時に、サンダーソニアの背中の印を島民に見せないようにルフィは印の上に覆いかぶさりました。

その後、ハンコックの風呂場に偶然入ってしまい、背中の印を見てしまいます。

最初は見られたことで殺そうとしますが、ルフィが天竜人を殴ったことを知り、自身の奴隷時代の過去を打ち明けるもルフィは「天竜人嫌い」と放ったことでハンコックの辛い記憶に光が差し込みます。

そこからハンコックはルフィが大好きになりますね。

エースの処刑執行を阻止するためにインペルダウンに侵入する際、七武海であるハンコックがルフィを手助けしてインペルダウンに入れてくれます。

勿論バレたら自分の身が危ないのに、ルフィの事を思ってやってくれます。

またマリンフォードではエースの手錠のカギをルフィに渡し、抱きしめられたことでときめいていましたね。

エースの死後、ルフィは女ヶ島でレイリーと共に2年間修業します。

ハンコックがいなければ今のルフィはいないと言っても過言ではありません。

ちなみにルフィ自身もハンコックには感謝をしており、名前を覚えないルフィが「ハンコック」と名前で呼ぶのも特徴です。

ルフィが名前をちゃんと呼ぶ女性キャラは手に数えるほどしかいないと思います。

ルフィとハンコックはくっついてほしいです。

ボア・ハンコックの現在

ハンコックは現在王下七武海制度が撤廃したため海兵から追われる身となっております。

七武海という立場がなくなり女ヶ島に海兵が接近していることが明らかとなっていますが、そこから詳しい情報は出ておりません。

女ヶ島に行った海兵に「コビー」がいるため、ルフィの事が好きな2組が接触を果たすというのは面白い展開になるのは間違いなさそうですね。

コビーはSWORDのメンバーの一人のため「ハンコック」がそこに入るというのもあり得そうですね。

今後ルフィとコビーそしてルフィとハンコックが接触することは間違いなくあると思うので今後が楽しみであります。

まとめ

今回はボア・ハンコックについてまとめました。

筆者が一番好きなワンピースの女性キャラは「ハンコック」ですね。

ワンピースの世界であれほど一途なキャラって「プリンちゃん」と「ハンコック」くらいな気がしますよね。

この2人には絶対「サンジ」と「ルフィ」とくっついてほしいです!

大事なので2度言いました(笑)

今後のハンコックの登場が楽しみです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました