【ワンピース】くまセラフィムが能力を発動!?なぜエッグヘッドに返すのか考察を含めてまとめていきます。 - VOD Introduction

【ワンピース】くまセラフィムが能力を発動!?なぜエッグヘッドに返すのか考察を含めてまとめていきます。

スポンサーリンク

ベガパンクのいるエッグヘッド編が始まったことで、兵器が大量に出てきますね。

空白の100年につながる巨大な兵器みたいなのもありましたし、未来島と言われるだけあって作中を通してずっと言われている伏線が解き明かされるのも近いでしょう。

そんな中、CP0が取り扱っているくまセラフィムはクソガキと言っておりエッグヘッドに返そうとしています。

なぜ返すのでしょう。

ワンピース1068話を見て尚更わからなくなったのでまとめていきます。

お知らせ

ワンピース1068話の内容を含みます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください!
またワンピースの画像を引用させていただいております。問題がありましたら、問い合わせページからご連絡いただければ速やかに消させていただきます。(集英社/尾田栄一郎様)

スポンサーリンク

ワンピースくまセラフィム

くまセラフィム

ワンピース1062話より引用©尾田栄一郎/集英社/

ワンピース1062話にて初登場したくまセラフィム

取り扱っていたのは海軍ではなくサイファーポール・イージス・ゼロでした。

ミホークとハンコックのセラフィムが女ヶ島で登場してから王下七武海だったメンバーは今後セラフィムと登場してくるのは予想が付きましたが、クマセラフィムが登場しましたね。

しかし気になるのはルッチは「クソガキ」と言っており、エッグヘッドに返そうとしています。

なぜですかね?

セラフィムの個体値は四皇の幹部クラスまでましては四皇にもくらいついていける強さがあります。

兵器としての強さと褐色の肌と黒い羽からわかるルナーリア族の圧倒的防御力を兼ね添えていますからね。

何よりベガパンクが作った代物です。

しかもワンピース1068話でクマセラフィムはニキュニキュの実の能力を発動していました。

尚更分かりません。というかなぜ能力が使えるのかという新たな疑問まで生まれました。

特別な種族と関係あるのかベガパンクが超人系の人工悪魔の実も作れるようになったのか

どちらにせよ気になりますね!!

くまセラフィムをなぜ返す?

クマセラフィムを返す理由としては自我があるからではないでしょうか

クソガキということは即ち言うことを聞かないということでしょう。

そのためクマセラフィムが暴れだし毎回CP-0のメンツが倒して止めているみたいな。

バーソロミュー・くまが完全に自我を失ったのではなくクマセラフィムにだんだんと自我をインプットさせられたのではないか?

ベガパンクとドラゴンの間に何らかの目的があることからベガパンクがそのようにしていたのかもしれません。

完全な妄察ですけど。

またいま突如としてずっと固まっていた革命軍のバーソロミュー・くまが動き出しました。

このことからいまのクマセラフィムは自我が一時的に戻っている状況?になるのでCP-0の言う通りに動いているということなのかな?

ちょっと自分の中でもしっくりこない考察になりますけど笑

クマセラフィムの今後の可能性

クマセラフィムがエッグヘッドに登場するとなって真っ先に思いついたのがボニーですかね。

ボニーが兵器とかした父親を見たときどう思うでしょうか、いまベガパンクと共にエッグヘッドから脱出をしようとしているルフィたち。

しかしその生物兵器を作ったのはベガパンクです。

絶対に相反するに決まっています。

ベガパンクとドラゴンは知り合いだったのでベガパンクがクマを改造したのではなく実は助けていた良いやつに思えますね。

マッドサイエンティストではなく本当に世界を平和にしようとしている感じがしましたし。

その結果、空白の100年についてなど調べすぎてCP-0に消されそうになっておりますが笑

ボニーがベガパンクに聞きたいことは激昂するためではなく、改造されたクマの娘だからこそ預かってた何かをベガパンクに渡すという可能性もありえます。

まとめ

今回はワンピースに登場したクマセラフィムについてまとめました。

最初はニキュニキュの実をCP-0が奪ったのか?それともCP-0の誰かが人工悪魔の実のニキュニキュの実を食べたのか?とか思いましたが、その次のコマに「S-ベア」が能力を発動と言っていたのでクマセラフィムなのは確かです。

しかしセラフィムに能力を食わせることまで可能だったらまじで強すぎますよね。

王下七武海はいらないかな。

それこそミホークとかの剣技のような長年の経験から生まれるものは別として。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました