【東京リベンジャーズ】班目獅音(まだらめしおん)とは!?最強のかませ犬と凄すぎるエピソードをまとめました。

東京リベンジャーズの中で最強のかませ犬と言ったら1人しか思い浮かばないと思います。

そうです。

「班目獅音」です。

アニメ派の方は「誰やねん!!」ってなっているかと思いますが、漫画派の方は納得いっていると思います。

今回はそんなMrかませ犬「班目獅音」についてまとめていきます。

注意

班目獅音の内容考察はネタバレを含みます。ネタバレを好まない方はこちらで閉じてください

スポンサーリンク

班目獅音とは

班目詩音

東京卍リベンジャーズ128話より引用©和久井健・週刊少年マガジン

班目獅音とは天竺の四天王の一人として登場したキャラ。

東京リベンジャーズ128話にて東京卍會の隊員をメリケンサックで何度も殴り、その血を舐めている狂犬として初登場します。

メリケンサックで殴られた隊員は顔面がボコボコに腫れていることから骨折しているのは確定。

周りにいた天竺の隊員たちもドン引きです。

班目獅音はこめかみから首にかけてタトゥーが施されており、このタトゥーはイヌを表していると思われます。

「獅音は天竺きっての狂犬だ」と天竺総長の黒川イザナが言っていたので、タトゥーと紐づけて言ったと思われます。

ドラケンとタトゥーの感じとか似ていますね。

班目獅音のかませ犬エピソード

班目獅音のかませ犬①ペーやんに瞬殺


天竺と東京卍會の戦い「関東事変」が幕を開ける際に、魁戦(さきがけせん)として、天竺側から登場してきたのが班目獅音です。

勝ったほうのチームの士気が上がることから、とても大事な開幕戦。

東京卍會はぺーやんが魁戦として登場。

班目獅音は「どーーーでもいい。卍は全員オレ一人で殺る」とぺーやんにメンチを切って煽っていく。

天竺総長の黒川イザナも「大事さに気付いたか。獅音は天竺きっての狂犬だ」と解説するが、ぺーやんのパンチ1発でKOします。

黒川イザナの面目丸つぶれです(笑)

黒川イザナも流石に恥ずかしくなったのか、班目獅音の顔を踏んで

「黒龍がつぶれたのはマイキーが強いんじゃなくて、テメェが弱かったからじゃねぇの?このままだと天竺まで舐められちまう」

と発言していました。

ここまでくると班目獅音が可哀そうになってくる。

班目獅音と黒龍については後ほどまとめます。

銀魂とかでありそうなネタですね。

めっちゃ強そうなアピールしといて、瞬殺されるパターン。

綺麗なかませ犬でしたね。

また狂犬がかませ犬っていうのがパンチ聞いてますよね(笑)

班目獅音のかませ犬②ベンケイによって瞬殺

班目詩音 かませ犬

東京卍リベンジャーズ213話より引用©和久井健・週刊少年マガジン

武道が高校時代にタイムリープした際に、班目獅音はまたもかませ犬とかします。

梵の総長である「瓦城千咒」に対して、

「でしゃばんじゃねーぞクソチビ!!」

と発言して名前を名乗ろうとすると、ベンケイによって殴られ一発KOします。

ベンケイは伝説のチーム初代黒龍の親衛隊長であり、九代目黒龍総長の班目獅音に「面汚し」とまで放たれます(笑)

和久井健先生もパンチされた際の班目獅音の書き方が上手くなっている気がしますね。

ちなみに班目獅音の登場はこれ以降ありません(笑)

班目獅音が所属していた「六波羅単代」では幹部の中でも一番下の「第伍席」として記載されていたので、総長の寺野サウスからしても使い物にならないということは分かっていると思われます。

班目獅音の凄さ

班目獅音の凄さ①東京卍會を間接的に創設した

東京卍會が創設した理由を覚えていますでしょうか。

それは一虎が一人で黒龍とやり合っており、デカいチームである黒龍とやり合うには大義名分が欲しいということで場地圭介から提案され、東京卍會が創られます。

そしてその一虎にちょっかいをかけていた時の黒龍の総長が班目詩音だったのです。

以上のことから班目獅音は東京卍會を間接的に創設した男。

言い過ぎですが、班目獅音がいなければ東京卍會は創られなかったということになります。

班目獅音の凄さ②伝説のチーム黒龍を潰した

班目詩音 黒龍

東京卍リベンジャーズ137話より引用©和久井健・週刊少年マガジン

班目獅音は歴史ある黒龍を潰した男でもあります。

そして黒龍を潰した暴走族が「東京卍會」です。

班目獅音が間接的に創った東京卍會によって、潰されるという何とも悲しい人生

黒龍の八代目総長は黒川イザナであり真一郎が創った黒龍を継ごうとしていたが、本当の家族ではないことが明かされます。

黒龍をマイキーに引き継ぎたいとも言われたことで、イザナの中の何がプツンと切れ、黒龍の総長となったイザナは薬など犯罪に手を染めるようになってしまいます。

その遺志を継いだのが班目獅音であるため、ベンケイに殴られた際に言われた「面汚し」というのは黒龍を犯罪集団に変えたことを意味しています。

九代目まで受け継がれた黒龍を班獅詩音が潰したというのは、言い換えれば伝説の男です(笑)

スポンサーリンク

まとめ

本日は班目獅音のかませ犬エピソードと凄さをまとめました。

班目獅音の初登場時はやばくて強い奴と思っていましたが、やばくて弱い奴でしたね(笑)

班目獅音は東京卍會の創設、黒龍を潰すという歴史に残るであろうことを1人でやってのける天才です。

かませ犬と凄さは紙一重ですね。

「班目獅音の登場 == 引き立て役」と覚えておきましょう

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました