【ハイキュー】動画配信サービス(VOD)でアニメシリーズを無料で見放題。あらすじやスト一リー覧も!

  • ハイキューが見れるVODは?
  • VODの月額料金は?
  • 無料トライアルはある?
  • おすすめのVODは?
  • メリット・デメリットは?
結論から申し上げます。

無料トライアルだけで済ませるなら ➡U-NEXT

コスパで選ぶなら ➡ dTV

ハイキューシリーズ

ハイキューシリーズ一覧

アニメ作品5つ

①ハイキュー1期(1話~25話)

②ハイキューセカンドシーズン(1話~25話)

③ハイキュー烏野高校VS白鳥沢学園(1話~10話)

④ハイキューOVA(陸VS空)(全2話)

⑤ハイキュー4期(1話~25話)

週刊少年ジャンプ連載。ハイキューを見ると青春とはこういうことかと思うようになります。
高校生の友情あり、情熱あり、鳥肌あり、涙ありの青春バレー漫画がアニメとなり、より心に響いてきます。見ていない方は是非ご覧ください。

厳選 5選ハイキューが見れるVOD

ハイキューが見れるVOD 5選

  • U-NEXT
  • dTV
  • Hulu
  • FOD
  • Amazon prime
VODu-nextdTVhuluFODアマゾンプライム
月額(税込)2,189円550円1,026円977円500円
作品数200,000以上120,000以上70,000以上40,000以上25,000以上
ハイキュー1期~4期
OVA×
劇場版××
有料
無料トライアル31日31日14日14日31日
公式サイトお申し込みお申し込みお申し込みお申し込みお申し込み

FODはフジテレビの名作品が多数見れます。
フジテレビ系のドラマを見たい方にはおすすめ。

2021年1月3日、4日の2夜連続で放送された【教場】も無料で見れます。

月額料金がお得なのは

  • アマゾンプライム 500円
  • dTV 550円
  • FOD 977円
  • HULU 1,026円
  • U-NEXT 2,189円

コスパを抑えて、ハイキュー作品すべてを見たいという方はdTVがおすすめです

アマゾンプライムもお得ですが、劇場版が有料になってしまいます。

作品数が多いのは

  • U-NEXT 200,000
  • dTV 120,000
  • HULU 70,000
  • FOD 40,000
  • アマゾンプライム 25,000

ハイキューだけではなく、いろんな作品が見たいという方はU-NEXTがおすすめです。

これからはdTV、U-NEXTをご紹介。

U-NEXT

U-NEXTのホームページ

こんな方は是非

  • いろんな作品が見たい
  • 家族や友達と共有して安くしたい
  • 漫画や雑誌も見たい
  • 無料で有料作品を見たい
  • 無料トライアルだけやりたい

u-nextは総作品数【200,000】本以上。

洋画、邦画、韓流アジアドラマの3ジャンルで見放題作品数1位を獲得しており、読み放題の雑誌も80誌以上ある。

1200円分使えるポイントを含んだ【サービスプラン】付き!
毎月1日に自動チャージされます。
※ポイントの有効期限は90日間です。
※見放題以外の有料作品、ポイント不足は別途料金が発生します。

デメリットとしては月額が2,189円と高いことです。
厳選した7つのVODの中で最下位となっています。

ですが、u-nextには1つのアカウントで最大4アカウント追加できます。
家族や友達と共有することで1人当たり500円で作品数断トツ1位のu-nextを見れるんです!

無料トライアルを試すなら31日間出来る+作品数1位のu-nextが良いでしょう。

作品数NO,1
31日間無料U-NEXTはこちら

dTV

dTV公式ページ

こんな方におすすめ

  • 何よりコスパ!
  • 安い+作品数がある
  • dポイントが沢山ある。

dTVは何よりもコスパが良いです!

月額はなんと550円

それなのに31日間無料トライアルがある

作品数も120,000以上と値段が安いのに、見れる作品も多いです。

dTVのデメリットとしては

ご契約の際にdアカウントが必要なので、発行からする必要があることです。

550円にして、ここまで作品がそろっているのは中々無いので、おススメです。

dポイントを貯めている方なら尚更!

31日間無料+月額550円格安VOD
dTVはこちら

ハイキューあらすじ・キャスト一覧

ハイキュー1期

ハイキュー1期

引用元

中学最後の大会。そこに立ちふさがる大きな壁。影山飛雄要する北川第一に惨敗してしまう。
影山を倒すべく、烏野高校に入学。そこにいたのはなんとその影山だった。低身長ながらも必死に立ち向かう日向翔陽に釘付けです。

バレーボールに魅せられた日向翔陽は、中学3年になると、部員がいない逆風にも負けず、必死にメンバーを集め、最初で最後の公式戦に出場する。だが、その前にコート上の王様と呼ばれる影山飛雄が立ちはだかる。

中学時代に影山擁する北川第一に惨敗を喫した日向は、リベンジを誓って烏野高校に入学。ところが、奇しくもコート上の王様・影山と体育館で再会する。衝突の絶えない日向と影山は勝手に勝負を始めようとする。

日向と影山は同じ1年生との対抗試合に挑むことになるが、2年生田中の助けもあって早朝から特訓を始める。練習の最中、自分にもトスを上げてほしいと日向は訴えるが、それは必要ない、と影山は拒否する。

日向と影山は、2年生田中を味方に迎え、1年生の月島、山口と3年生・澤村の混成チームと戦う。影山を挑発し、高い壁として立ちはだかる月島。澤村は主将としての貫禄を見せる。2人は早くもピンチに立たされる。

セッターとしての本領を発揮し始めた影山と、持って生まれたスピードとバネを持つ日向。2人のコンビネーションがかみ合い始め、対抗試合に勝利し、烏野高校排球部に入部を果たす。また、ある吉報がもたらされる。

烏野高校排球部は、青葉城西と練習試合を行うことになった。だが、高校初の試合を前に、日向は極度に緊張。一方、影山は青葉城西に入学した中学時代のチームメート・金田一と再会を果たすのだが…。

本調子を取り戻した日向と影山のコンビネーションによって、セットを取り返す。烏野は、勝利へあと一歩まで青城を追い詰めた。ところがその時、故障明けの青城の主将・及川がコートを訪れて…。

部活禁止が明けた、烏野排球部の守護神である2年生の西谷が、練習中の部員たちの前に姿を見せる。一方、青城戦を経て、コーチの必要性を痛感した武田は、前任の名将・烏養監督の孫・繋心に再度指導を依頼する。

音駒との練習試合を控え、澤村は東峰にバレー部へ戻るよう促すが、東峰は菅原や西谷に合わせる顔がないと断る。そんななか、現役時に音駒との交流が深かった繋心は、武田から練習試合が決まったと聞く。

烏野町内会チームとの練習試合で、東峰はエースの貫禄を見せる。日向は身長、パワー、自分にないものを持つ東峰が羨ましい。そんな日向の様子を見た影山は、試合に集中させようと、思わぬ行動に出た。

インターハイ予選に向けて、音駒との練習試合を控える烏野高校排球部は、合宿を行うことになった。猛練習の成果が徐々に現れてくるなか、繋心は音駒戦のセッターを影山と菅原のどちらにするべきか迷う。

いよいよ烏野と音駒の練習試合が始まった。エースとリベロが復帰した烏野は、序盤、日向、影山コンビの速攻を軸にして、優位に戦いを進める。だが音駒は、この速攻を止めようと、思わぬ戦法を採った。

音駒の高い守備力と観察力により、日向は攻略されるが、状況を打破すべく、目をつぶらない速攻を試みる。なかなかうまくいかない攻撃だが、チームメートに助けられながら、一進一退の攻防を繰り広げる。

インターハイ予選を翌月に控え、烏野排球部の緊張感は高まっていく。音駒戦を受け、個人だけでなく、チームとしての課題も見え、士気が高まり、さらに練習に励む面々。そんななか、予選の組み合わせが発表される。

インターハイ予選当日。烏野高校の初戦の相手は常波高校だ。澤村の中学時代のチームメート・池尻と戦うことになる。一度でも負ければ、終わってしまう公式試合。強豪・烏野の復活を懸け戦いが始まる。

インターハイ1回戦目、烏野高校対常波高校。烏野は優位に試合を進める。実力差を感じながらも、常波は諦めずにボールをつなぐ。別会場では、形勢不利な烏野女子バレー部が、道宮の鼓舞を受け奮闘していた。

東峰にとっては因縁の相手となる伊達工業とのインターハイ2回戦目が始まった。立ち上がりに、サーブで崩しブロックで仕留める戦術を採る伊達工に対し、烏野はレシーブを重視したフォーメーションを敷く。

日向と影山の変人速攻を軸に、伊達工をリードする烏野。しかし、伊達工のブロックも青根を中心に、烏野の攻撃に対応し始めた。そこで問われるのは、烏野のエース・東峰の真価。東峰は伊達の壁を打ち抜くべく…。

3回戦進出を決めた烏野排球部の次の相手が、青葉城西に決まった。及川率いる青城は、練習試合時よりも滑らかな連係プレーを見せる。一方、繋心は敵の強力なサーブをしのぐためのフォーメーションをチームに告げる。

青葉城西とのインターハイ予選3回戦が始まった。序盤から影山と及川のセッター対決が繰り広げられる。試合巧者である青葉城西は、及川のもと烏野の隙をつく攻撃を見せ、着実に得点を重ねていった。

かみ合わないプレーを見て、烏養は試合のリズムを変えようとセッター交代を決める。影山と交代した菅原は、コートの外から見ていたからこそわかることを活かす。一方、コートの外から試合を見る影山は…。

第2セット、影山はコートに戻り、少しずつチームメートへ意識を向けるようになる。また、ぎくしゃくしていた月島にも歩み寄りを見せる。攻撃に幅が出た烏野は、変人速攻を軸にして試合を優位に進めていく。

青城戦はファイナルセットに突入。烏野は日向のおとりを軸に、奮闘。だが、地力に勝る青城の多彩な攻撃の前に、じりじりと点差が開いていく。烏野には、このままでは押し切られてしまうという危機感が芽生える。

青城戦ファイナルセットで、烏野は土壇場で日向、影山の連携プレーで、デュースに持ち込んだ。苦しい時間帯となったが、影山のかつてのチームメート・国見の力を巧みに引き出す及川を前に、影山はあることを思う。

強豪復活を懸けて、インターハイの予選を戦う烏野高校排球部。インターハイの予選、宮城県大会が終了した。日向翔陽、影山飛雄、そして烏野のメンバーたちは、さまざまな思いを胸に前に進んでいく。

1期は出会いが多かったです。

  • 高校で仲間と出会い。
  • ライバルと出会い。
  • 目標と出会い。
  • そしてマネージャー美しすぎ

1期を全部見ると一気にセカンドシーズンも見たくなります。

ハイキューセカンドシーズン

ハイキュー2期

引用元

あらすじ

インターハイ予選の宮城大会で敗北した烏野高校バレー部は心機一転、再始動。東京のライバル・音駒高校をはじめ関東の強豪校が集まる東京合宿に参加することに。梟谷学園などとの練習試合を繰り返し、春高予選に向けてレベルアップを図る烏野メンバーだが…。

インターハイ予選、青葉城西に敗北した烏野高校排球部は、春高予選に向け再び動き出していた。強豪校が集まる東京合宿への参加も決定し、練習に力の入る部員一同。しかし、合宿へ参加するためには、ある試練が…。

東京合宿へ参加するためには、期末テストで赤点を避けなければならない。 東京の強豪校と対戦すべく、日向、影山、田中、西谷の4人はチームメートの協力を得て、テスト勉強に悪戦苦闘するハメに。

烏野高校排球部に仮入部した谷地仁花は、戸惑いつつも排球部の魅力に引き込まれていく。しかし引っ込み思案の谷地は、排球部のマネージャーになることを母親になかなか言い出せずにいた。その様子を見た日向は…。

期末テストも終わり、東京合宿へ向かう烏野高校排球部一同。強豪校との練習に刺激を受けつつも苦戦する烏野。そんな強豪たちの中に、音駒との練習試合の時には見掛けなかった、新たな選手を見つけ…。

東京遠征2日目。新たなメンバーが加わった音駒高校を相手に1セットも取れない烏野。日向・影山の変人速攻も、新しい音駒をはじめ強豪校には長くは通用しない。その状況に直面した日向は、ある決意をする…。

意見が真っ向から衝突した日向と影山。そんな日向を、コーチの繋心はかつて烏野排球部を全国へと導いた祖父にして名将・烏養前監督の元へ連れていく。一方その頃、影山はある人物と遭遇して…。

新しい形を求め、試行錯誤を始める日向と影山。また、ほかの烏野メンバーも新しい武器を得るべく、試合の中で進化を始めていた。そんな中、月島は音駒高校の黒尾、梟谷高校の木兎からブロック練習に誘われる。

ここまでの合宿中の月島の様子を見て思うところがある山口は日向なら何と声を掛けるか尋ねるが、「山口なら月島に何て言う」と逆に問い掛けられる。小学生の頃から憧れていた月島に対し、山口が取った行動とは…。

東京合宿も折り返し地点、新たな武器を磨いていく烏野メンバーたち。しかし、日向と影山の新しい速攻はなかなかうまくいない。日向がテンションを落とすのを危惧した影山は、練習試合中に普通のトスを上げるが…。

1週間に及ぶ東京合宿もいよいよ最終日を迎えた。最終戦の相手は梟谷学園高校。合宿内最強の梟谷から1セットでも持ち帰りたい烏野メンバーは、合宿の成果を発揮しようと気合い十分で試合に臨むのだが…。

合宿最終日、排球部部員たちによるお肉争奪戦が行われていた。そんな中、木兎から全国のライバルの話を聞き、まだ見ぬ強敵に思いを馳せる日向。合宿で得た手応えと課題を胸に、春の高校バレー宮城県大会が近付く。

春の高校バレー宮城県大会・代表決定1次予選当日。緊張から、いつかのようにトイレに駆け込む日向は、そこで1回戦の対戦相手・扇南の十和田に出会う。各々の思いが交錯する中、全国大会出場へ向けた戦いが始まる。

代表決定戦一次予選突破を懸けた烏野高校の次なる対戦相手は角川高校。角川の中心選手は、身長2mで予選随一の高さを誇る1年生・百沢。試合序盤、烏野は百沢の圧倒的な高さとパワーに苦戦するが…。

10月の代表決定戦まで2カ月弱。兄に誘われて社会人チームの練習に参加する月島。一方、影山はあるチームの偵察に向かう。そんな中、日向は研磨と“もう1回”がない試合をすることを約束する。

いよいよ代表決定戦を迎えた烏野高校。対戦相手は、インターハイ予選ベスト4の実績を誇る条善寺高校。「アソビ」をモットーに、条善寺は型にはまらない攻撃を繰り出す。そんな条善寺に対し、烏野は…。

自由奔放な条善寺にリズムを崩され掛けた日向と影山だったが、澤村のフォローで落ち着きを取り戻し、試合を優位に進めていた。そんな中、劣勢に立たされた条善寺一同へ3年生マネージャー・三咲の檄が飛ぶ。

宮城県予選2日目、試合序盤から白熱した展開を繰り広げる両チーム。そんな中、烏野の大黒柱である澤村がアクシデントに見舞われる。最大のピンチを迎えた烏野。澤村の代理としてコートに入ったのは…。

澤村を欠きリズムに乗れない烏野高校は、なかなか力を発揮することができずにいた。そんな中、かつての“小さな巨人”のプレースタイルに似た和久谷南のエース・中島に対し、日向は果敢に空中戦を挑んでいく。

準決勝進出を決めた烏野高校。青葉城西vs伊達工業の勝者が次の対戦相手となる。及川率いる青葉城西に対し、3年生が引退し不利と見られていた伊達工業だったが、新戦力により一進一退の展開を見せる。

春の高校バレー宮城県予選準決勝。烏野の前に立ちはだかるのは因縁の相手・及川率いる青葉城西高校。インターハイ予選での敗北を乗り越え、決勝の舞台を目指す日向、影山ら新生・烏野の戦いが始まる。

代表決定戦準決勝、1セット目終盤。青葉城西に投入された京谷の攻撃に、今までとは違う対策を余儀なくされる烏野は、なかなかリズムを掴むことができない。試合の流れが大きく変わろうとしていたその時、烏野は…。

青城に流れが傾く中、繋心は山口をピンチサーバーとして送り出す。和久谷南戦では、土壇場で安全なサーブに逃げてしまった山口。あの苦い記憶を払拭し、山口は流れを引き寄せることができるのか?

春の高校バレー宮城県予選準決勝、烏野高校vs青葉城西高校。最終セットを迎えた烏野・青城は両チーム共に譲らず、一進一退の接戦が続く。実力が拮抗する中、試合は両チームの総力戦へ突入する。

代表決定戦準決勝。互いに譲らず、1点を積み上げていく烏野と青城。体力も限界に近づき、重力との戦いが訪れる中、一進一退の攻防が続く。決勝進出を懸け、両チームは最後の勝負へ突入していく。

烏野高校排球部は宿敵・青葉城西を破り、春高バレー宮城県代表決定戦決勝戦へと駒を進める。相手は県内最強・白鳥沢学園高校だ。全国へのただ1枚の切符を手に入れるため、絶対王者との戦いが始まる。

セカンドシーズンは成長がメインとなるストーリー

  • チームとしての成長
  • 個々としての成長
  • メンタルとしての成長
  • そして新たな1年マネージャーが可愛い

仲間と意見が合わず喧嘩になることも多くなりますが、仲間のためを思って直向きに強くなる姿勢が溜まりません。

ハイキュー烏野高校vs白鳥沢学園高校(3期)

ハイキュー3期

引用元

あらすじ

進化した日向と影山の「変人速攻」などを武器に、宿敵・青葉城西を打ち破り、ついに春高予選の決勝に進んだ烏野高校バレー部。夢の舞台まであと一歩だが、烏野の前に全国で3本の指に入るというエース・牛島を擁する絶対王者・白鳥沢学園高校が立ちはだかる。

春の高校バレー宮城県大会・決勝戦。烏野高校排球部の前に立ちはだかるのは、絶対王者と呼ばれる白鳥沢学園高校。最強のスパイカー・牛島率いる白鳥沢学園に対し、果たして烏野に勝機はあるのか…。

春の高校バレー宮城県予選、決勝。試合序盤から牛島の強烈なスパイクが烏野のコートを襲う。慣れない左利きの攻撃に、守護神である西谷ですらレシーブすることができない。広がる点差を前にした烏野の作戦とは…。

試合は第2セット目。攻撃に転じようとする烏野だったが、白鳥沢MB・天童の鋭い読みと直感によるブロックが立ちはだかる。烏野のスパイクがことごとく叩き落とされる中、月島は冷静に相手コートを見つめていた。

第2セット終盤。烏野は月島・西谷を軸にしたトータルディフェンスで白鳥沢に食らいついていく。互いに譲らず、デュースの競り合いが続く緊迫した試合展開の中、均衡を破る1点を決めたのは…。

烏野、白鳥沢共に1セットずつ取り合い、迎えた第3セット。牛島を止めて勢いに乗りたい烏野だったが、2セット目を引きずることなく、立て直してきたセッター・白布に絶対王者の貫禄を見せつけられる。

白鳥沢に2セットを先取され、もう後がない烏野。しかし、日向の守備での活躍もあり、両者が激しく競り合う展開になだれ込む。追い風は烏野に吹くかと思われたが、影山の動きに陰りが見え始め…。

試合はいよいよ15点先取となるファイナルセットへ。繋心は疲れが見え始めた影山に替え、菅原をコートに送り出す。これまでは堅実なプレーを武器にしてきた菅原だったが、東京合宿である練習をしていた。

月島の負傷でブロックの要を欠いた烏野だったが、攻めの姿勢を崩さず、何とか白鳥沢に食らいついていく。そんな中、日向の執念あふれるプレーを見た牛島は、日向に対し明確な対抗心を抱き始める。

白鳥沢にマッチポイントを握られ、崖っぷちに立たされた烏野だったが、ついに治療を終えた月島がコートに戻って来る。両チームの体力の限界が近づく中、試合は一進一退の総力戦へと突入していく。

烏野VS白鳥沢のファイナルセットはついに20点台に突入する。個の強さを極める白鳥沢、常に新しく無茶な烏野。コンセプトは違えども、似た者同士の両チームは壮絶な殴り合いへと展開していく。

ハイキューの3期は最強との対決

  • サウスポーの脅威
  • 全国で3本の指に入る最強
  • 個VS数

個として最強の白鳥沢に、数で対抗する烏野高校の全国行きをかけた白熱の戦いが最高です。

ハイキューOVA(陸VS空)

ハイキューOVA

引用元

あらすじ

春高の宮城県予選は激闘を制した烏野高校が全国大会出場の座を勝ち取った。一方、東京都の代表決定戦では、音駒高校、梟谷学園高校、戸美学園高校、井闥山学院高校の4校が、3つの代表枠をめぐって戦っていた。音駒高校は代表枠を勝ち取ることができるのか!?

春の高校バレー宮城県予選、烏野高校は白鳥沢学園高校との激闘を制し全国出場を決める。一方、東京都代表決定戦は、音駒高校、梟谷学園高校、戸美学園高校、井闥山学院高校の4校によって3つの代表枠を争っていた。

戸美学園高校との3位決定戦に臨む音駒高校。持ち前の守備力で接戦を繰り広げるが、リベロの夜久が負傷退場する。守りのエース不在の苦境に立たされた音駒高校だったが、主将の黒尾中心に何とか食らいついていく。

OVAとはオリジナルビデオアニメの略
ビデオやレンタルの販売のために作られた作品。
番外編や外伝などがあります。
U-NEXTとdTVはそれが無料で見れるので凄いです。

このOVAの内容は烏野高校の宮城県代表決定戦後のストーリーで東京の代表3校を決める戦いとなっております。セカンドシーズンでお馴染みのメンバーともう1チームが公式戦で戦いますので見ておきたいですね。

ハイキューTO THE TOP(4期)

ハイキュー4期

引用元

あらすじ

春の高校バレーの県予選を制し、全国大会出場の切符を手に入れた烏野高校排球部。全国大会を目前に控え、影山には全日本エース強化合宿の招集、月島には宮城県1年生選抜強化合宿の招集がかかる。招集されなかった日向は月島が招集された合宿に押しかけ…!?

烏野高校排球部に、影山の全日本ユース強化合宿招集の知らせが舞い込む。さらに、月島にも宮城県1年生選抜強化合宿への招集がかかる。メンバーに選ばれなかった日向は、宮城県1年生選抜強化合宿に押しかけるが…。

春高全国大会まであと1カ月に迫り、宮城県1年生選抜強化合宿に乗り込んだ日向は、ボール拾いとして合宿に加わることになった。そんななか、練習試合の相手として白鳥沢3年OBがやってくるのだが…。

日向、影山、月島が不在のなか、烏野高校排球部は常波高校との練習試合に臨む。一方、牛島たちとの練習試合を外から見ていた日向は、これまでただボールを追うだけでは気づかなかったあることに気づく。

宮城県1年生選抜強化合宿も終盤。バレー歴が浅く練習に付いていけない角川学園の百沢に、日向はあることを伝える。一方、全日本ユース強化合宿に参加している影山は、全国の猛者たちと共にプレイをしていたが…。

再び白鳥沢3年OBとの練習試合が行われる。一方、影山のいるユース強化合宿ではポジションをシャッフルしての練習試合が行われていた。宮城県1年生選抜強化合宿、全日本ユース強化合宿共にいよいよ最終日を迎える。

日向、影山、月島も合宿から戻り、烏野高校排球部は県内屈指のブロック力を誇る伊達工業高校との練習試合に臨むことに。そんななか、ユース強化合宿を経た影山の様子が普段とは少し違っていて…。

伊達工業高校との練習試合が行われる。烏野の面々は県内トップレベルのブロックを誇る伊達工に苦戦し、なかなか攻撃が決まらないスパイカーに影山は声を荒げる。それを見た日向は影山に対し…。

春高本番前の総決算である、伊達工業高校との練習試合もいよいよ終盤を迎える。それぞれにレベルアップを図った烏野メンバー。新たな武器を習得した烏野高校排球部が、さらなる進化を遂げようとしていた。

年が明け、春高本番を直前に控えた烏野高校排球部の面々は、それぞれが試合に向けて気持ちを高ぶらせていた。そしてついに、悲願のオレンジコートの戦い、春の高校バレー全国大会が開幕を迎える。

いよいよ春の高校バレー全国大会が開幕する。しかし、初戦を前に日向のシューズがなくなってしまうというアクシデントが発生。予想外の事態にメンバーたちが焦るなか、マネージャーの清水は…。

春の高校バレー全国大会、初戦の相手は椿原学園高校。慣れない会場に適応した影山は、日向との速攻を決め会場を沸かせる。試合をリードしつつある烏野に、椿原は意外な“秘密兵器”を投入するが…。

椿原学園を破り、2回戦進出を決めた烏野高校排球部。そんななか、日向は春高会場で全日本ユース強化合宿にも選ばれていた鴎台高校の星海光来と出会う。“小さな巨人”と称される星海のプレイを見た日向は…。

迎えた春の高校バレー全国大会2日目。2回戦の相手はIH準優勝の優勝候補、高校バレー界の最強ツインズ“宮兄弟”擁する稲荷崎高校。烏野高校排球部の“最強の挑戦者”稲荷崎への挑戦が今、始まる。

ついに幕を開けた稲荷崎高校との春高2回戦。最強ツインズ“宮兄弟”を中心とした攻撃、さらには稲荷崎高校の応援と、コートの中と外からも圧倒されてしまう烏野高校。そんななか、ある人物が烏野応援席に現れる。

冴子たちの応援のおかげもあり、烏野高校はリズムを取り戻しつつあった。だが、稲荷崎高校は宮兄弟による“変人速攻”が決まり、さらに勢いを増す。予想外の攻撃に対し、烏野はある策を取るが…。

第1セット終盤、山口のサービスエースも決まり、勢いに乗る烏野高校はセットポイントを先取する。しかし、稲荷崎高校はこの試合で1人調子の上がらない田中を狙い始める。かつてない苦境に立たされた田中は…。

稲荷崎高校との2回戦で、烏野高校は第1セットを先取する。一方その頃、隣のコートでは音駒高校が石川県代表・早流川工業高校との2回戦に臨んでいた。共に固い守備を誇るチーム同士の戦いの行方は…。

春の高校バレー2回戦、音駒高校は早流川工業高校と、お互いに一歩も譲らない粘りの勝負を繰り広げていた。体力を削りセッターを潰そうとしてくる早流川の戦略に対し、音駒のセッター・孤爪は…。

早流川工業高校との戦いを制し、3回戦に駒を進めた音駒高校。一方、第2セットに突入した烏野高校と稲荷崎高校との戦いは、西谷が宮侑のサーブに狙われレシーブミスを重ねるなど、劣勢に立たされていた。

影山のサーブもあり、稲荷崎高校が優勢だった試合の流れを徐々に崩していく烏野高校。ますます勢いを増す烏野に対して稲荷崎は、乱れてしまったリズムを整えようと、主将の北信介を投入するが…。

烏野高校と稲荷崎高校の試合は、ついに運命の第3セットに突入し、ますます激しさを増していく。宮侑のサーブや角名の速攻に苦戦を強いられている烏野は、ピンチサーバーの木下を投入するが…。

献身的なセッター・宮侑のセットアップに触発された稲荷崎高校は、だんだんと勢いを取り戻していく。そんな烏野高校の劣勢が続くなか、試合の流れを変えることになるプレイが飛び出すのだった。

第3セットも終盤に突入。日向のレシーブもあり流れを引き戻した烏野は、一進一退の攻防を繰り広げるが、マッチポイントを握られてしまう。そんな絶体絶命の状況で、セッター・影山が見せたプレイとは…。

烏野高校と稲荷崎高校の試合は、いよいよデュースに突入。あと1点で勝敗が決まるという極度の緊張感のなかで、厳しいせめぎあいが続いていた。激闘の稲荷崎戦、試合は両チームの総力戦へと向かう。

稲荷崎高校との激しい闘いを制し、ついに3回戦へと駒を進めた烏野高校。3回戦の相手は、主将・黒尾率いる音駒高校だ。烏野と音駒の積年の夢である、因縁の“ゴミ捨て場の決戦”がいよいよ始まる。

ハイキュー4期は個々の成長がもう一段階来ます

  • 日向のレシーブ能力の向上
  • 影山のセッター能力の向上
  • 東峰のブロックアウト能力の向上
  • 田中のクロス打ち能力の向上

など、チームだけではなく個々の成長した姿を全国の舞台で見れるので、胸熱です!

ハイキューキャラ・声優

主要人物
キャスト
日向 翔陽
村瀬 歩
影山 飛雄
石川 界人
澤村 大地
日野 聡
菅原 考支
入野 自由
田中 龍之介
林 勇
東峰 旭
細谷 佳正
西谷 夕
岡本 信彦
月島 蛍
内山 昂輝
山口 忠
斎藤 壮馬
縁下 力
増田 俊樹

まとめ

ハイキューを見るなら

冒頭に言ってしまいましたが

毎月見たいけど、お金をかけたくない方なら作品数が多い+月額550円のdTV
31日間無料+月額550円格安VOD
dTVはこちら

ハイキュー以外にも多くの作品を無料で見たいなら作品数断トツ1位U-NEXT

作品数NO,1
31日間無料U-NEXTはこちら

自分に合うVODを登録していただければ幸いです。

VODに登録するのは3分あればできます。
どれでも良いという方は私が一番おすすめするU-NEXTの登録手順を載せます時間があるなら今やって、ハイキューを見ましょう。

U-NEXTの登録手順

①下の画像をタップ(U-NEXTの無料トライアル登録ページに飛びます)



②まずは31日間無料トライアルをタップ

U-NEXT登録サイト
③お客様情報の入力

U-NEXT氏名、パスワードの記入
U-NEXT電話番号、住まいの入力
④次へをタップ
⑤お支払方法を選択

U-NEXTお支払い方法を選択
⑥画面下の送信をタップで完了
⑦左上にポイントが入っています。

u-nextポイント

お金をかけたくない方でも無料トライアルがどちらも31日間あるのでその期間中に解約すれば金額は一切かかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました