【転スラ】アニメの続きは何巻から?3期についての内容も少しネタバレしていきます。

転生したらスライムだった件は2014年5月に伏瀬さんによってライトノベルが作られました。

今では漫画や外伝漫画、アニメなど色々展開しており大ヒット作品の一つです。

転生系といったら「転スラ」を思う浮かべる人も多いのではないでしょうか。

現在「転スラ」のアニメは2期まで放送されました。

今回は転スラのアニメの内容は漫画、小説でいう何巻なのか、そして3期の内容はどうなるのか少しだけネタバレしていきます。

注意

転スラの本編の内容がネタバレされます。ご了承ください。

転スラアニメの続きは何巻から?

結論から申し上げますと転スラの2期の内容は「19巻」、小説では「7巻」までとなっております。

アニメ派で続きが気になる方は漫画では「19巻」以降から、小説は「8巻」から購入すれば内容を知れます。

現在の転生したらスライムだった件の漫画の最新刊は「19巻」となっております。

そのため転スラの3期の内容を知るには小説の「8巻」から購入する必要があります

私が個人的に推しているのが「ebookjapan」というサービスです。

漫画ではなく電子書籍になってしまうので、スマホがあればどこでも読めるのが良い点です。

電子書籍サービスなので「小説や漫画特有の本の感じが良い!!」という方にはおすすめできないです。

また小説なのでイラストが少ないという理由から想像力が豊かではないと、内容が理解しづらいです。

ほどんどが文字だけですので、それが嫌でしたら20巻の発売を待ちましょう!!

なぜebookjapanがおすすめかと、漫画6冊半額で購入することが出来るからです。(500円が上限)

冒頭にも記載しましたが、転スラの2期は小説「7巻」までの内容なので、「8巻から13巻」を半額で購入することが出来ます。

転スラの続きを買おうか悩んでいる方は「小説3巻分の値段で6巻買える」ので是非。

➡ebookjapanでアニメの続きを半額で見よう

※あっこの半額機能は別に転スラの小説だけではなく、「全ての漫画作品」に適応されるので、6巻分の半額を有意義に使ってください。

ここから転スラのアニメ3期がどのような内容になっていくのか少しだけ記載していきます。

「もう転スラのアニメが何巻までなのか分かったから大丈夫!!」って方はこちらで閉じるか、是非サイトに移動してください。

転スラアニメ3期ネタバレ

転スラ 9巻

伏瀬©転生したらスライムだった件/マイクロマガジン/ 8bit(エイトビット)

転スラアニメ3期は1クール(12話)なら小説8巻『領土掌握編』から小説9巻『魔都開国編』まで、2クール(24話)なら小説8巻『領土掌握編』から小説11巻『勇者覚醒編』までとなります。

ヒナタをはじめとする聖騎士団との和解に成功した魔王リムルは次なる仕掛けを考えます。

それは、自身の魔王襲名をお題目に、盟主を務める国、このテンペストで大規模なお祭りを開催するというものです。

そしてメインイベントの闘技会では、勇者である閃光のマサユキが参加しました。

その開国祭も無事に終わり、リムルが次に狙うのは西方協議会への加盟でした。

それを切っ掛けとしたさらなる経済圏の拡大です。

しかし西方協議会の影の支配者であり、強欲のスキルを持つマリアベルは、リムルの強大な力を警戒し、手が付けられなくなる前に殺さなければならないと決意していた。

思惑が交差する中、リムル抹殺の策略が静かに始まります。

その一方でリムル達は魔王ルミナスとの約束である音楽会を開催するため、神聖法皇国ルベリオスを訪れることになりました。進む音楽会の準備、その裏側ではリムル、そしてルミナスをも巻き込む狡猾な陰謀がありました。

ここまでの8〜11巻の内容を大まかなあらすじとしてまとめた内容はは三期までとなると予想します。

まとめ

今回は転スラのアニメの続きは何巻から?、また3期の内容をネタバレ、どこまでやるか予想しました。

下記に簡単に記載します。

転スラアニメの続きは何巻?

転スラのアニメにはアニメにしかない良さもありますが、漫画や小説にそこでしか味わえない良さがあるのでぜひ!。

➡ebookjapanでアニメの続きを半額で見よう

早く放送してほしいですね!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました